読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れマイラー・こめっとが行く!

ママとして陸マイルをためる日々のあれこれを綴ります


スポンサーリンク

バニラエア、夏休み期間のセール運賃を本日18時より販売開始! 成田‐札幌2,980円~、成田‐沖縄3,980円~

子連れ旅行向けLCC情報

 

スポンサーリンク

 

【目次】

 

f:id:travel-lover:20170323013246p:plain

 

夏休み期間のわくわくバニラ運賃、販売スタート!

本日(2017年3月23日)18:00から、バニラエアが期間限定で販売するセール運賃の“わくわくバニラ”が販売開始されます。

www.vanilla-air.com

f:id:travel-lover:20170322234859p:plain

対象路線は6路線、搭乗期間は基本的に夏休みを含む7~8月となっています。行き先が夏休みの子連れ旅行にピッタリのところばかりですから、あっという間に売り切れてしまいそうですね。以下はすべて片道の運賃です。

  • 東京(成田)~札幌 搭乗期間:7/1~8/28 2,980円~ ※1日6~8便
  • 東京(成田)~函館 搭乗期間:7/1~8/28 3,980円~ ※1日1便
  • 東京(成田)~奄美大島 搭乗期間:7/1~8/28 4,880円~ ※1日1便
  • 東京(成田)~沖縄 搭乗期間:7/1~8/28 3,680円~ ※1日1便のみ対象
  • 大阪(関西)~函館 搭乗期間:7/15~8/31 4,880円~ ※1日1便
  • 大阪(関西)~奄美大島 搭乗期間:7/1~8/28 3,980円~ ※1日1便

わくわくバニラで販売される座席数には限りがあります。東京~札幌は便数が多いですが、あとは1日1便なので、競争率が高くなりそうですね。※東京~沖縄は1日2便運航していますが、わくわくバニラの対象になるのは往復ともに1便のみ。

上記の運賃に、1人1区間あたり600円の支払い手数料が加算されます。また、国内線利用時でも成田発着便については空港使用料(12才以上380円、2才以上12才未満190円)が加算されます。

 

わくわくバニラとは?

わくわくバニラはセール運賃のため、さまざまな制限があります。便・日付の変更やキャンセルはできません。また、並び席を確保したい場合は、座席指定料(500円~)が必要です。

 

f:id:travel-lover:20170224044146p:plain

また、荷物を預ける場合は以下の料金が必要です。

※国内線はすべてエリア1に該当します。

f:id:travel-lover:20170224044007p:plain

子連れの場合は、座席指定や荷物預けが必須になりますね。とはいえ、例えば4人分のスタンダードシートの座席指定をして20kg以内の荷物を1つ預けるとしても、追加料金は合計で4,000~4,400円です。

わくわくの運賃は今の時点では最安価格しか発表されておらず、実際は日によって異なるのではっきりとしたことはいえませんが、おそらく追加料金を払ったとしてもほかの運賃よりお得になると思います。

追加料金などについて、くわしくは、バニラエア公式サイトでご確認ください。

www.vanilla-air.com

 

 

スポンサーリンク

 

成田空港・第3ターミナルをご紹介

わが家は2年前と去年、成田からバニラエアを利用しました。成田では第3ターミナル利用になります。高速バスで成田に行く場合は第3ターミナル近くで降車できるのですが、車や電車で行く場合は第2ターミナル前から連絡バスか徒歩で移動することになります。車や電車で行く方は、時間に余裕をもって到着するようにしてください。

2年前は、連絡バスで移動しました。でも、バスだと荷物を乗せ降ろしするのが面倒なのと、空港前の一方通行をぐるっと回ってくる形になるので、結局15~20分ほどかかります。

それで、去年は徒歩で移動しました。子どもたちがこのアクセス通路をわりと気に入っていて楽しそうに歩いていたので、どちらかというと歩くほうがいいかなと思います。カートを押すのがまったく苦にならない通路です。 

f:id:travel-lover:20170323004743p:plain

 第3ターミナル入り口。

f:id:travel-lover:20170323010144j:plain

バニラエアのカウンターは、一番奥にあります。チェックインは出発時間の2時間前スタート。去年は国際線利用だったのでかなり時間に余裕をもって到着したところ、チェックイン開始までカウンター前で時間をもてあましてしまいました(´-ω-`)

第3ターミナルはとてもコンパクトでお店も少ないです。バニラエアのカウンターのすぐ近くにフードコートがあるので、一応食事はできます。カードラウンジなどはありません!

f:id:travel-lover:20170323011001p:plain

 

そして、搭乗口へは国内線のほうが遠いです。出発ロビーから一度サテライトブリッジを通り、出発エリアへと進みます。わが家が2年前に札幌に行ったときは、ここからさらにバスに乗っての搭乗となりました。

ちなみに、去年は国際線だったのですが、国際線は出国審査もガラガラで移動距離もすごく短くて、あっという間に搭乗口に着きました。

f:id:travel-lover:20170323011156p:plain

 

LCCなので機内はやや狭いですが、成田~札幌だとフライト時間は1時間半なので、まったく問題なかったです。子どもたちは折り紙をしたり本を読んだりして、大人しく過ごしていました。

f:id:travel-lover:20170323011521j:plain

 

家族旅行を考えるにあたり、全員分の航空券を手配するとどうしても高額になりますが、わくわくバニラ運賃なら旅費をかなり安く抑えられますね! 

 

ちなみに、私はANAマイルを貯めて、特典航空券でも家族旅行をしています。私が実践している貯め方はコチラの記事をご覧ください。

www.travel-lover-comet.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

陸マイラーさんの旬な情報が満載!

クリックよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ  にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

www.travel-lover-comet.com

www.travel-lover-comet.com

www.travel-lover-comet.com

www.travel-lover-comet.com

 

 

 

エアアジアXの成田~バリ直行便、就航記念キャンペーン。ビジネスクラスが往復7万円台~!

子連れ旅行向けLCC情報

 

スポンサーリンク

 

【目次】

 

エアアジアXのバリ路線、就航記念キャンペーンスタート!

2017年5月24日から、エアアジアXの成田~デンパサール(バリ)直行便が新規就航することになりました。その就航記念キャンペーンが、本日3月21日からスタートしました。

f:id:travel-lover:20170321164718p:plain

 

【公式サイト】エアアジア|LCC|格安航空券

  • 予約期間:2017年3月21日~4月7日
  • 搭乗期間:2017年5月24日~2018年6月5日

キャンペーン価格で1年以上先までの予約ができるのがイイですね!

気になる時刻表は以下の通り。

  • 往路:成田8:25発→デンパサール14:25着
  • 復路:デンパサール23:00発→成田7:10着

往路の到着時間が早く、復路の出発時間は遅いので、3泊5日くらいの日程でも充分にバリ島を満喫できそうです(^^♪

 

就航記念キャンペーンの最安運賃は?

以下は、5月27日(土)~5月31日(水)の日程で検索した結果です。割引運賃の最安値、片道(往路)9,990円~(復路)9,330円~、往復で19,320円(燃油サーチャージ込、空港税込)となっています。往復で20,000円以下はすごい!

f:id:travel-lover:20170321160204p:plain

f:id:travel-lover:20170321160355p:plain

 

ビジネスクラスが片道3万円台~!

さらに、(これが最安値かどうかはわからないのですが)、上のキャプチャ画面にあるように、同じ日程でビジネスクラスのプレミアムフラットベッドが片道(往路)36,900円~(復路)36,330円~で、往復で73,230円(燃油サーチャージ込、空港税込)となっています。

エアアジアのビジネスクラス、プレミアムフラットベッドはこんな感じ! もはやLCCとは思えません。ぐっすり眠れそうですね。とくに帰りは23:00発ですから、ぐっすり眠れるかどうかはかなり大きいです。子供も、ホテルと同じように眠ってくれそうですね!

f:id:travel-lover:20170321162344p:plain

 

ビジネスクラスの座席数は、6席×2列の12席のみです。

f:id:travel-lover:20170321163217p:plain

 

さらに、手荷物や機内食も含まれ、優先チェックインもできます。予約変更も無制限で可能というのはポイントが高いですね。

受託手荷物:40kgまでの受託手荷物が含まれています。

機内食:バラエティ様々な機内食から1食選ぶことができます。

座席指定:座席指定可能

予約変更:出発2時間前まで無制限で可能(日付/時刻)

優先チェックインカウンター:あり

優先搭乗:あり

優先受託手荷物受取:あり

ちなみに、選べる機内食はこちら。フルサービスキャリアのビジネスクラス機内食には及びませんが、LCCでは機内食なしがスタンダードですから、1食ついているのはうれしいです。f:id:travel-lover:20170321164434p:plain

 

 

 

ガルーダインドネシア航空との比較

これまで、成田~デンパサール直行便を運航しているのはガルーダインドネシア航空のみでした。同じ出発日でガルーダインドネシアのエコノミークラスの最安運賃を調べると、44,110円でした(片道、エコノミー、3月21日現在)。追加で燃油サーチャージが必要です。

f:id:travel-lover:20170322131735p:plain

つまり、今回のセール運賃で考えると、ガルーダインドネシアのエコノミーより、エアアジアXのビジネスクラスのほうが安いということになりますね!  

 

選択肢が増え、バリ島がより身近に!

私は間もなく、ANAマイルでとった特典航空券(ガルーダインドネシア利用)でバリ島へ行く予定なのですが、バリ島について調べるほど、行きたい場所、泊まりたいホテルが多過ぎます。なので、今後も何度でも行きたいと思っています。今回のエアアジアXの就航で、選択肢が広がったのはとってもうれしいです。末長く就航してくれることを願っています…!

 

 

 

スポンサーリンク

 

  ↓陸マイラーさんの旬な情報が満載!

クリックよろしくお願いします。

 

 

 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ

にほんブログ村  

 

   

 

www.travel-lover-comet.com

www.travel-lover-comet.com

www.travel-lover-comet.com

www.travel-lover-comet.com

 

決済用の本命、ANA VISAワイドゴールドカードを発行するなら今!と思って申し込みました

マイルが貯まるクレジットカード マイルを貯める方法

 

スポンサーリンク

 

【目次】

 

 

f:id:travel-lover:20170321015933p:plain

イラスト/わんパグ

 

いちばん大切なのはソラチカカード

陸マイルを貯めるために、一番大切なクレジットカードはANA To Me CARD PASMO(JCB)=通称ソラチカカードです。このカードは、ポイントサイトのポイントを高レートでANAマイルに変えるのに必要なカードです。このカードを使ったルート(ソラチカルート)を活用することで、1年間で20万マイル以上(夫婦で40万マイル以上)を貯めることができます。

 

私は10年ほど前からクレジットカード決済を中心に陸マイルを貯めていましたが、去年(2016年)の4月からポイントをソラチカルートでマイルに交換する方法で貯めるようになり、この1年間で多くのマイルを貯めることができました。


ですから、陸マイルを効率よく貯めたい方には、ソラチカルートでマイルを貯めることをおすすめします。

ただ、1マイルでも多くのマイルを貯めるには、同時にクレジットカード決済でもマイルを貯めたほうがいいですね。私も、何かを買うときにはできる限りクレジットカードで支払うようにしていますし、その時々で、少しでも多くのマイルを獲得できるカードを使うようにしています。

 

決済用の本命・ANA VISA ワイドゴールドカード 

そこで、どのカードを使うか?ということを考えると、マイル還元率が高く、なるべく維持費(年会費)が安いカードがベストです。この条件に当てはまり、圧倒的に多くの陸マイラーさんが使っているのが、ANA VISAワイドゴールドカードです。

f:id:travel-lover:20170321020234p:plain

ANAのゴールドカードにはVISAのほかにMaster、JCB、ダイナース、アメリカン・エキスプレスなどがありますが、VISAが圧倒的に人気がある理由は、年会費の割引制度があるからです。

ANA VISAワイドゴールドカードは、WEB明細サービスと「マイ・ペイすリボ」の登録で年会費を9,500円にすることができます。この年会費でゴールドカードの特典(マイル移行手数料無料、搭乗ボーナスマイル、スカイコインの交換レートアップ、付帯保険、その他)が受けられることを考えると、とてもコスパのいいカードということができます。

www.ana.co.jp

 

わが家がこれまで申込めなかった理由

わが家では、10年前から去年まで、ずっとANA JCB一般カード(100円あたりANA1マイル)をメインカードにしていました。でも、去年の4月から本格的に陸マイルを貯めるようになり、情報収集をするうちに、決済にはANA VISAワイドゴールドを使うのがベストだと知って、早く発行したいなぁと思っていたんです。でも、なかなか申込みできませんでした。その理由というのは…。

ソラチカカードをはじめとして、4月以降に新たに発行した各種カードの新規入会キャンペーンの嵐だったからです(^-^; カードに新規入会するときは、なるべく入会キャンペーンを行っているお得なタイミングで入会するようにしています。「発行から〇カ月以内にに〇〇円使うと、〇マイル(相当のポイント)をプレゼント!」っていうやつですね。

入会キャンペーンでもらえるマイル・ポイントはとてもお得な場合が多いので、この1年は、決済によるマイル還元率の高さよりも、キャンペーンの条件達成を優先してきました。それぞれに最大限のボーナスマイルを獲得しようと思うと、あまりたて続けにカードを発行できません。家計からの支出は限られているので、キャンペーン期間が重複すると、条件達成が難しくなってしまうからです。

 

 

スポンサーリンク

 

でも、発行するなら今がお得!

しかし、入会キャンペーンは期間限定で行われるものなので、タイミングを外さないことも大事。今、ANA VISAワイドゴールドカードは、とてもお得な入会キャンペーンを行っています。


カードの発行元である三井住友VISAカードのキャンペーンと、ANAのキャンペーンが合わさって大型のキャンペーンになっていて、ANA VISAワイドゴールドカードの場合は、最大40,500マイル獲得可能です。※上のリンクに最大66,500マイルとあるのは、ANA VISAプラチナプレミアムカードの場合。

三井住友VISAカードのキャンペーンは、条件達成の期限がすべて「入会月を含む6カ月以内」となっているので、いつ入っても大きな違いはありません。でも、ANAのキャンペーンのほうは条件達成の期限がすべて「5月31日まで」となっていますから、期間内のなるべく早いうちに発行したほうが有利です。

 

さらに、今ならポイントサイトのちょびリッチで、ANA VISAワイドゴールドカードの発行でもらえるポイントがアップしており、6,500ちょびポイント(=3,250円相当)もらえます。このポイントは、ソラチカルートでANA2,925マイルに交換できます。どうせ発行するのなら、なるべく多くのポイントがもらえるときに発行したいですね。

ポイントサイト経由でクレジットカードを発行してポイントを貯める方法については、こちらの記事をどうぞ。

www.travel-lover-comet.com

 

キャンペーンとちょびリッチを合わせるとかなりお得だし、ほかのカードの入会キャンペーンミッションにほぼ目処がついたこともあり、2月末にANA VISAワイドゴールドカードを申込むことにしました。

 

本会員は、夫?私?どっちにする!?

しかし、ここで1つ問題が。わが家では、積極的にマイルを貯めていいるのは私。夫は言われたことに協力する程度。なので、私が本会員になっておいたほうが何かと都合がいいんです。今のところはまだSFCへの切り替えを意識してるとかぢゃないんですけど(; ・`д・´)。

この件を考えるにあたり、記憶に残っているのがmoonbow(id:moonbow5)さんのこちらの記事です。

moonbow5.hatenablog.com

わが家も今のところ、夫がファミリーマイルのプライム会員になっていて、これも何かと不便なのでホント変更したいです。moonbowさんの記事から、私自身が1種類でもANAカードの本会員であればプライム会員を変更できることがわかりましたが、その変更も私がカードの本会員、夫が家族会員であれば、簡単に変更できるんですね。ますます、私が本会員になっておきたいところ。

でもですね、夫は会社員で安定収入がありますが、私は零細自営業者(´-ω-`)。審査に通るかどうかが、かなり微妙なところです。常識的に考えて、ゴールドカードを発行するのは厳しい年収です。ちなみに、同じ三井住友VISAカードから発行したANA VISA suicaカードの限度額は50万円でした。これ、ゴールドカード通るん? 通るん? 無理ちゃう!?(;・∀・)

 

申込みの翌日に審査結果が!

陸マイラーである以上、審査に影響するクレヒスはピカピカに保っておきたいので、できれば審査落ちの経歴は残したくないところ。で、かなり悩んだんですけど、結局、申込みました。もしワイドゴールドカードの審査に通らなかったら、「ダウングレードしてワイドカードを発行しませんか?」みたいなおうかがいがくるんじゃないか!?と思いまして(実際、そういうケースがあるのかどうかはわかりません)。

しかし、なんと。あっさり通過できました。2月28日の夜にWEBで申し込んで、翌日3月1日の朝9:00台に審査通過のメールが来ていました。早っ!! そして3月6日に簡易書留で受取り。とってもスムーズでした。ああ、自分名義で申し込んでよかった!(*^^*) ちなみに、ワイドゴールドカードの限度額は100万円でした。

 

 

スポンサーリンク

 

入会キャンペーン・ミッション始動!

今行われているANA VISAワイドゴールドカードのキャンペーン、上にリンクを貼りましたが、とっても複雑なんですよね。これ、複数あるうちのどれを狙っていくか、最初に決めておいたほうがよさそうです。また、キャンペーン内容によって、対象になるものとならないものがあります。というわけで、私がミッションクリアを狙うキャンペーン内容についてまとめておきたいと思います。 

 

【三井住友カードのキャンペーン】(4月30日申込み分まで)

1.ご入会ボーナスマイル 2,000マイル → ×(対象外)

ANAカードに新規入会すると2,000マイルもらえます。すでにANAカードに入会している人は対象外。私はソラチカとANA VISA suicaを持っているので、対象外となります。

2.リボ払いご利用キャンペーン 最大1,6000マイル → 〇(狙います!)

入会月を含む6カ月以内に、リボ払いで5万円以上50万円未満利用すると5,000マイル、50万円以上利用すると16,000マイルをもらえます。※要エントリー

私は16,000マイル獲得を目指します。6カ月で50万円なら、それほど難しくはないですね。「マイ・ペイすリボ」に登録さえしておけば、実際に金利を発生させなくても対象になるので、気軽に挑戦できます。

カードの入会申込時には「マイ・ペイすリボに申込む」を選んで、支払金額は適当に(最高額は3万円)設定しておきます。そして、カードが届いたらすぐにWEBサービスのVpassにログインして、支払金額を限度額近くまで引き上げておきましょう。私は、リボ払いの限度額が80万円だったので、支払い金額を80万円に設定しました。

※決済ポイントのANAマイルへの還元率を最大にしたい場合は、少額の金利を発生させる必要があります。

3.家族カードご入会キャンペーン 5,000マイル → 〇(狙います!)

入会月を含む6カ月以内に、家族カードを3万円以上利用すると5,000マイル。※要エントリー

これはもちろん狙います。夫にも各種支払いに使ってもらいますし、夫名義になっている公共料金も夫の家族カードで引き落としにするので、確実に獲得できると思います。

4.iDご利用キャンペーン 5,000マイル → 〇(狙います!)

入会月を含む6カ月以内に、iDを3万円以上利用すると5,000マイル。※要エントリー

これも、簡単に達成できると思います。入会申込時に「iDを申込む」を選ぶと、iDが搭載されたカードが送られてきます。iDは、ポストペイ形式の電資マネーで、利用分はクレジット利用分と同じようにカード明細に記載され、口座から引き落としされます。

ANA VISA suicaを発行したときにも同じキャンペーンをやりました。最初、コンビニくらいしか利用するタイミングがなくて3万円行くかな?と思っていましたが、近くのイオンに入っているほぼすべての専門店やフードコートでiDが使えることがわかり、簡単に達成できました。

ちなみに、昨日20日はイオンのお客様感謝デーだったので、家族でイオンシネマでドラえもん映画を見たついでに、カルディコーヒーやGAPで買い物をして、iDで支払ってきました。お客様感謝デーなら、iDで支払っても、イオンカードの提示で5%OFFになり、さらにWAONポイントもつくのでとってもお得です。話がそれました。

5.銀聯カードご入会キャンペーン 5,000マイル → ×(発行せず)

入会月を含む6カ月以内に、銀聯カードを3万円以上利用すると5,000マイル。※要エントリー

銀聯カードに関しては、正直利用の機会がないかなと考えたので、発行しませんでした。発行自体は無料なので、とりあえず発行してから考えてもよかったかもしれませんが…。

 

【ANAのキャンペーン】(4月30日申込み分まで)

1.ご入会+参加登録で2,500+500マイル → 〇(対象)

ANAカードに入会のうえ、参加登録すると本会員2,500マイル、家族会員500マイル。※要参加登録

これは、対象者なら参加登録するだけで誰でも獲得できます。ANAカードを持っていた人が、ワイドゴールドカードを発行した場合も対象になります。キャンペーンの参加登録は、本会員・家族会員それぞれ必要です。

2.ご搭乗+参加登録で最大2,000マイル → ×(機会なし)

5月31日までに、ANAグループのマイル積算対象運賃にて国内線に搭乗すると500マイル、国際線に搭乗すると1,500マイル。

本会員も家族会員も対象になるので、すべて達成すると4,000マイル獲得できます。でも、わが家は近々有償で発券して搭乗する機会はないので、これは残念ですが見送りです。

3.ANAカードマイルプラス加盟店ご利用で最大3,000マイル → 〇(狙います!)

5月31日までに、ANAカードマイルプラス加盟店でANAカードを1万円以上~5万円未満利用すると500マイル、5万円以上利用すると3,000マイル。

これは、3,000マイル獲得を目指すつもりです。iD利用分も対象になります。わが家の場合、マイルプラス加盟店でいちばん使う機会が多いのはコンビニですが、金額的に多いのはエネオスですかね。ただ、期間が5月末までなので、もう少し意識的にマイルプラス加盟店を使わないと厳しいかな、と思っています。

 

以上、私が狙っているすべてのミッションを達成すると、32,000マイル獲得となります。これは大きいですね!(*^▽^*) 追って、結果をご報告したいと思います。

 

 

 

陸マイラーさんの旬な情報が満載!

クリックよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

www.travel-lover-comet.com

www.travel-lover-comet.com

www.travel-lover-comet.com

 

www.travel-lover-comet.com

子連れ旅行、成田1タミのラウンジはどこを利用する? New Openのトラベラウンジが気になる!!

子連れ旅行について

 

スポンサーリンク

 

待ちに待ったバリ旅行に出発する日が近付いてきました!(^O^)/ 約1年前に特典航空券を発券してから、長かったような、短かったような。毎朝、子どもたちがカレンダーを見ながら、「あと〇日でバリ旅行だね♪」と指折り数えているのが微笑ましいです(*^▽^*)

 

さて、旅行を前に私が今いちばん迷っていること。それは…。成田空港でどのラウンジを利用するかということ。バリでの旅程とちゃうんかい!! 

わが家のこれまでの旅行は超超庶民路線で、ラウンジなんて考えたこともなかったんですよ~。だから、カードラウンジすら一度も利用したことがありません。

しかし!今回は違います。最近発行した2種類のゴールドカードと、プライオリティパスを持っています。これは最大限利用しないといけませんね。ね!

まぁ、ANAの上級会員だったり、家族全員でビジネスクラス利用だったら悩む必要もなくANAラウンジなどの航空会社ラウンジへ行くことになると思います。が、残念ながらどちらでもないので、それ以外で最善の方法を探すことになります。

 

今回の旅行で利用するのは、ガルーダインドネシア航空の成田11:00発デンパサール行直行便です。ガルーダインドネシア航空は、成田空港第1ターミナルからの出発です。どんな選択肢があるんでしょうか。

 

【目次】

 

f:id:travel-lover:20170319034120p:plain

IASSエグゼクティブラウンジ

わが家が保有しているゴールドカードの1つは、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード。私(本会員)、夫(家族会員)の2枚持っています。このカードで使えるラウンジは、IASSエグゼクティブラウンジ。本館5階(制限エリア外)にあります。

f:id:travel-lover:20170319011638p:plain

IASS エグゼクティブ ラウンジ1・ラウンジ2

一般に、ゴールドカードで利用できるラウンジは、会員本人のみ無料で、同伴者は有料になる場合が多いですね。でも、アメックス・ゴールドカードを持っていれば、会員と同伴者1名が無料になります。つまり、私と同伴者1名+夫と同伴者1名が無料になるので、家族4人全員が無料で利用できることになります。その点ではポイント高いかなぁと思います。

www.americanexpress.com

アメックス・ゴールドカードは、今なら1年間は年会費無料でもつことができるので、興味のある方はこちらの記事をどうぞ。後半に、初年度年会費が無料になり、さらに入会特典がもらえるキャンペーンについて書いています。1年間試してみて、2年目の年会費が発生する前に解約することも可能です。

 

ラウンジの話に戻りますが、IASSエグゼクティブラウンジはカード会社のラウンジなので、サービスはソフトドリンクとおつまみが無料、あとは雑誌とWifiサービス程度のようです。アルコール類は2杯目から有料、食事の提供はありません。家族全員が無料で利用できることを考えると、充分かなとは思いますけれど。

とはいえ、制限エリア外にあるというのが、ちょっと落ち着かないかなぁ。1回もラウンジ利用したことないクセに、何をエラそうな!って自分でも思いますけどね(´-ω-`)

 

TEIラウンジ

わが家が保有しているもう一つのゴールドカードは、ANA VISAワイドゴールドカード。こちらも、私(本会員)と夫(家族会員)の2枚持っています。このカードで利用できるのが、もう一つのカードラウンジ、TEIラウンジです。本館5階(制限エリア外)に、IASSラウンジと隣同士で並んでいます。サービス的には、IASSラウンジとほぼ同等で、内装やインテリアはこちらのほうがやや質素というご意見も。

www.smbc-card.com

こちらは会員本人のみ無料、同伴者1名につき1,080円が必要です。ただし中学生未満は無料なので、子どもが小学生と園児のわが家の場合は、今のところ全員無料で利用できます。

でも、ここを利用するメリットはあまり見つからないので、選ぶ可能性はないかな。IASSラウンジより空いているという意見もあったので、ゆっくり過ごすのにはいいのかも?

 

 

スポンサーリンク

 

KALラウンジ

プライオリティ・パスをもっていれば、航空会社のラウンジを利用することができます。プライオリティ・パスとは、世界1000カ所以上の航空会社のラウンジが利用できる会員制のサービスです。

世界に広がるラウンジ・ネットワーク | プライオリティ・パス

アメックス・ゴールドカードを発行すると、付帯サービスとして無料でプライオリティ・パス会員になることができ(通常は年間99USドル)、さらに年2回まで無料で利用できます(通常は1回につき27USドル)。わが家はアメックスゴールドを発行してすぐにプライオリティパス・メンバーシップに申し込んだので、こちらも私、夫の2枚あります。

www.travel-lover-comet.com

 

聞くところによりますと、カード会社のラウンジよりも、断然、航空会社のラウンジのほうがグレードが高いらしいです。ソフトドリンクのほかアルコール類も無料、軽食のサービスもあり、内装やインテリアもカードラウンジに比べて高級感があるのだとか。

成田空港で現在、プライオリティパスを利用できるラウンジは、すでに紹介したカードラウンジのIASSラウンジTEIラウンジ、それと大韓航空のKAⅬラウンジです。以前はユナイテッド航空のユナイテッドクラブも利用できたようですが、すでに提携が終了したようです。

KALラウンジは、大韓航空のビジネスクラス、ファーストクラスに搭乗する方向けのラウンジで、制限エリア内の3階にあります。クチコミによると、ほかの航空会社のラウンジよりは見劣りがするものの、やはりカード会社のラウンジよりはグレードが高く、何より制限エリア内にあるので、搭乗間際までゆったり過ごせるのが魅力のようです。

f:id:travel-lover:20170319025553p:plain

f:id:travel-lover:20170319025636p:plain

KAⅬラウンジについては、のんびりさん(id:nonbirimile)のレポートがとても参考になりました。

www.nonbirimile.com

 

わが家は今年、国際線に乗るのは今回の旅行のみになりそうなので、プライオリティパスの2回無料分を往路・復路で使っちゃおうと思ってました。KALラウンジがほかの航空会社のラウンジより見劣りするとはいえ、無料で利用できて、軽食やアルコールまであるなら、利用しない手はありませんよね。そう思っていました。つい先ほどまでは…。

1つ完全に見落としていました。プライオリティパスは、会員本人のみ無料で、同伴者は27USドル必要だといういことを! 同伴者は、大人も子供も同料金のようです。つまり、プライオリティパスを持っている私と夫は無料ですが、子ども1人につき27USドル、2人分で6,000円以上も必要ということに(゚д゚)!

6,000円払う価値があるのかどうかというと…。ちょっぴり微妙ですね。と、思っていたところ…。

 

Narita TraveLounge(成田トラベラウンジ)

2016年末に、新しくこんなラウンジがオープンしたらしいです。成田トラベラウンジ。カード会社でも、航空会社でもなく、成田空港が運営する有料ラウンジとのこと。

f:id:travel-lover:20170319031020p:plain

f:id:travel-lover:20170319031121p:plain

f:id:travel-lover:20170319031133p:plain

有料ラウンジ | 成田国際空港公式WEBサイト

利用するには、ゴールドカードもプライオリティパスも不要。大人1,200円(税込)、子ども(6~11才)600円(税込)、5才以下無料でだれでも利用できます。場所は制限エリア内の3階、KALラウンジのお隣です。

サービスはコーヒーやソフトドリンクは無料、食事とアルコール類は有料のようです(飲食物の持ち込みは禁止)。新聞・雑誌、フリーWifiもあります。

 

私、断然ここがいいんですけど!!(;゚Д゚)

 

何といっても新しいうえに広々として明るく、きちんと調理されたレストランのようなお料理が食べられるのがいいですよね! 

わが家の場合、今のところ下の子は料金がかからないので、大人×2、子ども×1=3,000円で利用できます。さらに、利用時間制限がなく、出入りが自由とのことなので、すぐ近くにあるキッズパークに行って戻ってくることもできます。

食事とアルコール類が有料といっても、わりとリーズナブルなお値段のようなので、たぶん家族でKALラウンジに入るのに必要な6,000円までは行かないんじゃないかな~。

 

というわけで、かなりこのトラベラウンジに行きたい気持ちが強いです。でも、でもね。せっかくのゴールドカードとプライオリティパスが、まったく生かせないんですよねぇ~( ;∀;) それがちょっと切ない。

せっかくだから、出入り自由なトラベラウンジを本陣にして、私だけ(もしくは夫と交代で?)隣のKALラウンジにちょこっと覗きに行こうかな? 実際に行きましたら、くわしくレポートしたいと思います!(*^^*)

 

 

スポンサーリンク

 

 

陸マイラーさんの旬な情報が満載!

クリックよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ  にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村

 

 

 

★まったく飛行機に乗らないで、1年間で20万マイル以上貯めました!

www.travel-lover-comet.com

【アメックスゴールド】ギフトカード購入で5倍ポイント! 入会キャンペーンの条件達成にも使えます

マイルが貯まるクレジットカード マイルを貯める方法

 

スポンサーリンク

 

【目次】

 

50,000円分購入で2,500リワードポイント獲得!

アメリカン・エキスプレスカード百貨店ギフトカードを買うと、通常の5倍のポイント(100円で5ポイント)がもらえるキャンペーンが始まっています。

※アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの保有者向けの案内に基づいてお知らせしています。ほかの券種が同キャンペーンの対象になるかどうかはわかりませんので、ご利用前にサービスデスクにご確認ください。

f:id:travel-lover:20170316145130p:plain

[期間限定]2017年5月10日(水)ご注文申し込み分まで
*通常1ポイント+ボーナス4ポイント

贈り物に最適なカードタイプの商品券「百貨店ギフトカード」 - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

全国約190のお取扱い百貨店でご利用いただけるカードタイプの商品券、アメリカン・エキスプレス発行の「百貨店ギフトカード」。本ウェブサイトからいつでも注文いただけるうえ、10,000円以上の券種を特別優待価格にてお買い求めいただけます。 

記念日やお礼、催物の景品など、様々なシーンでのプレゼントに最適な1枚。ご家族やご友人へのギフト、ビジネスシーンでのご利用にも是非お役立てください。

ギフト券の利用可能店舗はこちら:日本百貨店協会 : 百貨店ギフトカード

 

WEBサイトから購入すると、優待価格で購入できるようです。

f:id:travel-lover:20170316145226p:plain

詳しい利用条件は以下の通りです。

※ご購入枚数が10枚(1個口)を超える場合は、複数個口でのお届けとなり、それぞれに送料がかかります。
※カード会員様ご本人のみお申し込みいただけます。
※ご注文申し込みから約10日間程度でお届けいたします。但し、ご注文申し込みや配送などの状況により、お届けまでにさらに日数を要する場合がございます。
※ギフトカードのお届け先は、カードご利用代金明細書の送付先(オンライン明細書サービスをご利用の方は郵送物お届け先ご住所)です。
※商品はヤマトセキュリティ便にてお届けいたします。
※商品のお届け日については、ご指定いただけませんのであらかじめご了承ください。
※月間(購入を申し込む日から遡って過去30日間)の購入金額(販売価格および送料の合計額)の上限は50万円です。
※ご注文の申し込み後のキャンセル、返品は承りかねます。

1個口(10枚まで)につき、送料690円/税込みが必要なこと、カード会員の手元に送られてくること、キャンセル・返品はできなことをしっかり確認しておきましょう。

 

50,000円のギフトカードを購入すると、2,500リワードポイントを獲得できます。これは、かなり高還元率なのではないでしょうか。時期的に、入学祝い・進学祝い・就職祝いなどを贈る予定のある方にはもってこいのキャンペーンですね。

f:id:travel-lover:20170316160335p:plain

 

f:id:travel-lover:20170316154700p:plain

 

ポイントは、1ポイント=1円または1マイルに

アメリカン・エキスプレスのメンバーシップ・リワードポイントは、メンバーシップ・リワードプラス(年間3,000円+税)に登録すると、1ポイント=1円としてカード支払い代金に充当したり、電子マネーやほかのポイントに交換できます。

また、航空会社のマイルに交換することもできます。私は先日、メンバーシップ・リワードプラスに登録し、ANAマイルに交換しました。

ANAマイルに交換するには、これまた別途ANAコース参加費(年間5,000円+税)が必要ですが、1ポイント=1マイルに交換できます。

メンバーシップ・リワードポイントと、メンバーシップ・リワードプラスの登録などについては、くわしくはこちらの記事をご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

 

「〇カ月以内に〇万円利用」の条件達成に使うとGOOD!

アメリカン・エキスプレスでは、入会方法によってさまざまな入会特典がついてきます。例えば、私が利用したのはPontaからのDMで来たキャンペーンでした。そのときの入会特典は、「入会から3カ月で50万円利用すると、40,000リワードポイントをプレゼント」というものでした。このキャンペーンはすでに終了していますが、くわしくはこちらの記事に書いています。


このように、アメックスの入会特典は「入会から〇カ月で〇万円利用すると〇ポイント」という条件が付くことが多いです。せっかくの入会特典ですし、10,000ポイント以上もらえるケースがほとんどなので、必ずゲットしたいところですね。

でも、入会時期があまり支出のないタイミングだったりすると、無駄な買い物はしたくないですから、条件達成が厳しいと感じる方もいるのではないでしょうか。そういうときは、お祝い品としてではなく、自分用にギフトカードを購入しておくのも一つの方法だと思います。ギフトカードには有効期限がないので、好きなときに使うことができます。

例えば、ふだんは何でもネットショッピングを利用するという方でも、スーツや靴は試着して買うことが多いですよね。そんなときのために、条件達成目的で、ポイントが5倍もらえる今のうちにギフトカードを買っておくのもいいと思います。

わが家の場合は、今年のうちにランドセルの購入があるので、その金額分を買っておいてもいいかなと思っています。ランドセルもネットで買えますが、やはり店頭で背負わせると、子どもの気持ちもグッと盛り上がりますよね(*^▽^*) 

 

現在行われている入会キャンペーンは?

ところで、現在行われている入会キャンペーンにはどんなものがあるでしょうか?

ポイントサイト経由

まずはポイントサイトでよい案件が出ていないか、「どこ得?」さんでご確認をください。 ポイントサイト案件比較検索 / どこ得?

今日3月16日現在では、残念ながらめぼしい案件は出ていません。しかし、1月、2月には下の記事で紹介している条件のよい案件も出ていましたので、近々またポイントアップのタイミングがあるかもしれません。


※ポイントサイトを活用してマイルを貯める方法はこちらの記事をご覧ください。

紹介キャンペーンを利用する

アメックスゴールドカードを持っている家族や友人からの紹介で入会する方法もあります。2017年3月現在は、初年度年会費無料に加え、「入会後3カ月以内に20万円以上の利用で20,000ポイント」がもらえます。

「初年度年会費無料」の特典は2017年1~2月の間はなくなっていて、ボーナスポイントのみとなっていましたが、3月から復活しました。年会費は31,320円ですから、この差は大きいですね。紹介キャンペーンも、タイミングによって内容が変わるので、お得なタイミングを逃さないようにしたいですね。

ちなみにこちらの紹介キャンペーン、紹介者側にもポイントが付与されるのですが、紹介者によって15,000または30,000ポイントとなっているようです。残念ながら私は15,000ポイントです(´-ω-`)。

Amazonのキャンペーン

今現在でしたら、こちらのAmazonのキャンペーンがもっともお得なようです。

f:id:travel-lover:20170316155450p:plain初年度年会費無料に加えて、「3カ月以内に50万円の利用でAmazonギフト券20,000円分と30,000ポイント」がもらえるのは大きいですね。こちらのキャンペーンは、3月31日までとなっています。

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード

(キャンペーンコード「AMZN2017」を入力して申込み)

 

どのキャンペーンの場合も、条件達成が厳しいかな!?と足踏みしている方は、ギフトカードの購入も視野に入れてみてはいかがでしょうか。入会特典達成&ギフトカード代は5倍ポイントと、ダブルでお得ですよ!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

陸マイラーさんの旬な情報が満載!

クリックよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

 

 

 

★1年間で20万マイル以上貯まりました!過去との比較記事はこちら。


“マイルはクレジットカード決済で貯める”という思い込みを捨てる前と後を比べてみた

マイルを貯める方法

 

スポンサーリンク

 

【目次】

 

f:id:travel-lover:20170313014820p:plain

イラスト/わんパグ

 

陸マイラーとしての10年を振り返る

私が意識して陸マイルを貯め始めたのは、たぶん上の子を妊娠していた頃、今から10年ほど前だと思います。産休中で時間に余裕があったので、未来の家族旅行に思いを馳せ、マイルを貯めようと思い立った記憶があります。

それで、100円決済ごとに1マイルが貯まるANA JCB一般カードを発行し、それをメインカードとして可能な限りの支払いを集中させることで、ANAマイルを貯めてきました。

そう。9年近くも、“マイルはクレジットカード決済で貯めるもの”と思い込んでいました。2016年の4月に、まったく別の、とても効率的な方法を知るまでは。

今回は、私の陸マイラーとしての10年を振り返り、“マイルはクレジットカード決済で貯める”という思い込みを捨てる前と後とで、マイルの貯まり方の違いをグラフ化して比べてみましたので、紹介したいと思います。

 

クレジットカード決済で貯めていたころ

クレジットカード決済で貯めたマイルで、4回の家族旅行の特典航空券を発券しました。旅行時期、行き先、合計必要マイル数、発券時期は以下の通り。

  1. 2010年2月、グアム、60,000マイル(発券時期2009年末)
  2. 2012年2月、グアム、60,000マイル(発券時期2011年末)
  3. 2014年3月、グアム、80,000マイル(発券時期2013年末)
  4. 2017年春、バリ、140,000マイル(発券時期2016年4月)

3回のグアム旅行の発券時期は正確には覚えていないのですが、だいたい年末に翌年2~3月の旅行分の発券をしていたと思います。まだ上の子が未就学だったため時期を選ぶ必要がなく、数カ月前でも特典航空券はとりやすかったです。

この頃の各月のマイル残高は書き残したりしていなくて正確にはわからないのですが、発券時期と合計必要マイル数から、だいたいですが、どれくらいのペースでマイルが貯まっていたかわかります。グラフにすると、こんな感じになりました。

f:id:travel-lover:20170313004047p:plain

最初の頃は、グアム往復(エコノミークラス)私、夫、上の子の3人分、合計60,000マイルを2年かけて貯めるペース。でも、3回目のグアムは下の子も2才を超えたので4人分、合計80,000マイルを2年ちょっとかけて貯めています。

2014年頃から、いろいろと効率化を図った成果で貯まるペースが速くなっています。マイル預金を始めたこと、ANAマイルに交換できる楽天ポイントやTポイントを積極的に貯め始めたこと。そういえば、当時たまに楽天スーパーポイントを等価でANAマイルに交換できるキャンペーンがありまして、その時期を狙って交換していたことも大きかったと思います(あと、この時期は夫のフライトマイルがいくらか加算されています)。

なぜこの頃から効率化を図ったかというと、1つは、子どもが成長するとともに「ハワイやバリにも行きたいな」と考えるようになり、それにはより多くのマイル数が必要なこと。もう1つは、上の子が小学校に入学し、春休みや夏休みにしか旅行に行けなくなったため、355日前の開放日に特典を予約しないといけないこと。ノロノロ貯めていては、旅行に行けるのはいつになることやら…と、かなり頑張ったんでしょうね、当時の私。

 

2016年4月から、真の陸マイラーに変身

しかし、バリ旅行の特典航空券を発券した直後、私は衝撃の事実を知ることに。世の中には、もっともっと簡単に、短期間でたくさんのANAマイルを貯める方法があったんです! そして“マイルはクレジットカード決済で貯めるもの”という思い込みを捨て、2016年4月から、真の陸マイラーとして歩み始めることになりました。

その後のマイル残高は正確にわかりますので、先ほどのグラフに追加してみました。

f:id:travel-lover:20170313004234p:plain

2016年4月にバリ往復4人分140,000マイルを使い、マイル残高は一旦ほぼ0になりました。しかし、それからの1年間で、2017年3月現在、マイル残高は200,000マイルを超えています(※グラフは、2017年4月に加算予定のマイルを含めて表示しています)。これまでの倍以上の速度でマイルが貯まっていることが、一目瞭然です。

 

 

スポンサーリンク

1年間に20万マイル以上貯める方法とは

去年の4月からは、ソラチカカードというカードを使う方法で、マイルを貯めています。ソラチカカードは、JCBが発行するANAカード(クレジットカード)の1つなので(正式名称はANA To Me CARD PASMO)、これで決済をすると考える方が多いのですが、違います。

さまざまなポイントサイトで貯めたポイントを、ソラチカカードのメトロポイントを経由して、ANAマイルに交換するのです。そのルートは通称、ソラチカルートと呼ばれています。ポイントサイトでポイントを貯める方法については、こちらの記事をご覧ください。

 

マイルはクレジットカード決済で貯めるという思い込みは根強い!?

たまに、リアルの友達から「マイルってどうやって貯めるの?」と聞かれることがあります。せっかく興味をもってくれたなら……と、ポイントサイトとソラチカカードの説明をするのですが、「へ~!!」と聞いてくれたあとで、「でも今、決済ポイント貯めてるカードあるからなぁ~」と言われてガクッ!!( ;∀;) 

こちらはわりと丁寧に話したつもりでも、ソラチカカードというクレジットカードの話が出た時点で、「そのカードで払って貯めるんだな」と思い込みに支配されてしまうんだと思います。なかなか、ちょっと飲んだついでなどに理解してもらうのは難しいです。あまり熱弁するのもアレなんで、ほどほどでこちらもあきらめてしまいます(´-ω-`)

でも、ここでは熱弁しておきますね。陸マイルを貯めるのに欠かせないソラチカカードはクレジットカードですが、決済で貯めるのではありません!! くわしくはこちらの記事をどうぞ。

 

【ソラチカカードの新規発行キャンペーンは4月30日まで】

 

【ポイントサイトのハピタスキャンペーンは3月31日まで】

 

【ソラチカルートを効率よく活用するために】


 

スポンサーリンク

 

 

陸マイラーさんの旬な情報が満載!

クリックよろしくお願いします。

 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村

 

 

 

【関連記事】


 

アメックスのメンバーシップ・リワードプラスの登録とANAマイルへの移行手順

マイルが貯まるクレジットカード

 

スポンサーリンク

 

【目次】

 

f:id:travel-lover:20170312014320p:plain

イラスト/わんパグ

 

リワードポイント、ANAマイルに移行することにしました

ようやく確定申告も終わり、仕事も一区切りついて、とっても晴れ晴れしているこめっとです(*^▽^*) やっと、マイルや旅行のことをじっくり考えられます!

さて、前回の記事で「アメックスの入会特典で付与されたリワードポイントの移行先をまだ決めていない」と書いたばかりなのですが、結局、あまり考えずにANAマイルに移行することにしました。今のところ、ほかの航空会社に手を広げて貯め方や使い方を情報収集する余裕がないかな、ということで。

 

移行する際は、リワードプラスに登録したほうがお得

それで、さっそく移行手続きをしようと思ったのですが、メンバーシップ・リワードプラスの登録をどの段階でするのか??がわかりづらい……。というわけで今回は、アメックスのメンバーシップ・リワードポイントを、メンバーシップ・リワードプラス(登録料3,000円+税/年)に登録し、ANAマイルに移行する手順を紹介します。

ちなみに、メンバーシップ・リワードプラスに登録しなければ2,000ポイント=1,000マイルという移行レートですが、登録すると2,000ポイント=2,000マイルの移行レートになります。倍のレートになるのですから、3,000円+税を払っても、登録したほうがお得ですね。

メンバーシップ・リワードプラスの詳しいメリットと、私が入会特典40,000ポイントを獲得した経緯についてはこちらの記事に書いています。

 

 

スポンサーリンク

 

メンバーシップ・リワードプラスの登録方法

本来なら、アメックスのWEBサイトの「メンバーシップ・リワードプラス」の解説ページ(メンバーシップ・リワード・プラスについて )に、「ご登録はこちら」というボタンがあってもよさそうなんですが、ないんですよね。「詳しくはこちら」をクリックしても、登録には進めず、同じような紹介ページをグルグル回ることになります。

ではどうするかというと、移行先(提携先プログラム)の登録と同時に、リワードプラスの登録をすることになります。具体的な手順は以下の通りです。

 

1.ログインした状態で、メニューの「ポイント・プログラム」から「ポイントの移行」を選ぶ

f:id:travel-lover:20170311234941p:plain

 

2.「エアライン」を選ぶ

f:id:travel-lover:20170312001035p:plain

 

3.詳細を確認し、ANAへ「ポイントを移行する」を選ぶ

移行先を選ぶ画面で、ANAを選びます。この段階では「2,000ポイント=1,000マイル」と表示されていますが気にしない。「必ずご確認ください」というところがあるので、まずはそこを確認しましょう。

f:id:travel-lover:20170311235146p:plain

 

「必ずご確認ください」のところに書かれている内容は以下の通りです。

「ANAマイレージクラブ」

*2,000ポイント以上、 2,000ポイント単位でマイルに移行できます。

■ 「ANAマイレージクラブ」へのポイント移行は、1年間(1月 - 12月)で160,000ポイント(=80,000マイル)までとなります。
一年の途中でメンバーシップ・リワード・プラスのご登録を取り消された場合移行レートが変わりますが、1月~12月の年間通算で80,000マイルを上限として移行いただけます。

「ANAマイレージクラブ」へのポイント移行には、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加費5,000円(税別/年間)が別途必要となります。

●ポイント移行には、事前に「ANAマイレージクラブ」の番号取得と提携先プログラムの参加登録が必要です。事前に番号を取得後、提携先プログラムの登録をおこなってください。提携先プログラム参加登録後にポイント移行が可能となります。

●初回の提携先プログラム参加登録とポイント移行は同時に承ることができますが、
移行完了までに通常2週間のお時間をいただきます。余裕を持ってお手続きください。

 

「メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加費5,000円+税/年が別途必要となりますので、なんでやねん!と言いたいところですが、仕方がないので了承しましょう。メンバーシップリワードプラスの登録料3,000円+税/年と合わせて、8,000円+税は、必要経費と割り切るしかないですね。どちらも、カード利用代金として請求されるようです。

それから、交換単位は「2,000ポイント単位」とありますが、メンバーシップリワードプラスに登録する場合は、1,000ポイント単位の移行が可能です。

内容を確認したら、「ポイントを移行する」を選びます。

 

4.提携先プログラムの新規登録と、メンバーシップリワードプラスの登録をする

ここから、提携先プログラム(ANAマイレージクラブ)の登録と、メンバーシップリワードプラスの登録を同時に行っていきます。すでにANAマイレージクラブの会員の方は、左側の「ご登録はこちら」を選びます。

※まだ会員ではない方は、ANAマイレージクラブのWEBサイトで会員番号を取得してからの登録となります。

f:id:travel-lover:20170312002623p:plain

 

提携先プログラムについて入力します。基本カード会員名、メンバーシップリワード参照番号、有効ポイント数は最初から記載されています。メールアドレスが空欄になっていたら、入力します。

f:id:travel-lover:20170311235537p:plain

 

提携先プログラム(ANA)を選び、ANAマイレージクラブの会員番号、ローマ字名を入力します。

f:id:travel-lover:20170311235815p:plain

 

移行ポイント数を入力します。リワードプラスに登録する場合は、1,000ポイント単位での移行が可能です。また、1年間(1~12月)の移行上限は80,000マイルです。

最後に、メンバーシップリワードプラスへの参加登録希望にチェックを入れ、規約同意にチェックを入れ、「登録する」をクリックします。

f:id:travel-lover:20170311235956p:plain

これで完了です。「お申し込みを承りました」という画面に切り替わり、2~3分後に、先ほど入力したメールアドレスにメールが届きました。

f:id:travel-lover:20170312000054p:plain

f:id:travel-lover:20170312000145p:plain

 

ファミリーマイルが200,000マイルを超えました

話が変わりますが、去年の4月からポイントサイトソラチカルートを活用してANAマイルを貯め始め、今月、ついにファミリーマイルが200,000マイルを超えました!!(^O^)/うれすぃ~!! 

f:id:travel-lover:20170312010144p:plain

さらに、今回、アメックスの45,000ポイントを移行しましたので、2週間ほどで45,000マイルが加算されるはずです。この調子でどんどん貯まっていけば、本当にどこでも行けてしまいそう!今後の旅行の夢が膨らみます(*^▽^*) 約1年前に特典航空券を発券した今年の春休み旅行ももうすぐです♪

 

★ポイントサイトを活用してANAマイルを貯める方法はこちら

 

 

スポンサーリンク

 

 

陸マイラーさんの旬な情報が満載!

クリックよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村