子連れマイラー・こめっとが行く!

ママとして陸マイルをためる日々のあれこれを綴ります

最短3日で1万円超のポイント確定! ドットマネーからのクレカ発行が超スピーディーな件

ポイントサイトの案件の中でも、クレジットカード発行は大量ポイントを獲得できる超お得案件ですよね。私も、この半年くらいの間に、ポイントサイト(ハピタス、ポイントタウン、ちょびリッチなど)経由で何枚かクレジットカードを発行してきました。でも、クレカ案件って、ポイント確定まで時間がかかることが多いです。しかし、このポイント確定までの期間は、カードによって違うだけでなく、ポイントサイトによっても違うのです。

 

【目次】

 

例えば、ハピタスの場合は1~3カ月程度

例えば、今日(2016年12月29日現在)掲載されているハピタスのクレカ発行案件では、ポイントが有効判定されるまでの期間はこのようになっています。

f:id:travel-lover:20161229051809p:plain

もちろんカードによって違うのですが、一般に、有効判定されるまでに30~90日(1~3カ月)かかります。例外的に14日程度と早いものもありますが、逆に180日と遅いものもあります。例えば3か月後に有効判定されるとなると、そこからソラチカルートで交換するとして、実際にANAマイルになるのはカード発行から半年先くらいになってしまいますね。

★ハピタスポイントやドットマネーを90%のANAマイルに交換できるソラチカルートについては、コチラの記事で紹介しています。

 

 

f:id:travel-lover:20161229212642p:plain

イラスト/わんパグ

 

ドットマネーのクレカ案件は確定まで最短3日!

先日、夫がドットマネー経由でヤマダLABI ANAマイレージクラブカードの申し込みをしました。10,500マネー(=10,500円相当=9,450 ANAマイル)獲得できる案件です。

※夫が申込んだあと、一旦7,056マネーに下がっていましたが、今日12月29日現在では10,500マネーに戻っています。このように、ドットマネーの獲得マネーは短期間で変わります。

獲得マネーも大事ですが、獲得時期を見てください。最短3日となっています( ゚Д゚)。

f:id:travel-lover:20161229174634p:plain

 

申込みする段階でこのことに気づいてなかったので、実際のマネー確定の早さには驚きました。ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードの場合、申込~発行手順は以下のようになっています。今回の申込~発行手続きの日にちと、マネー確定までの日にちを書き込むと、こんな感じでした。

f:id:travel-lover:20161229054905p:plain

 

12/19の午後に申込をし、1時間後には審査結果通知。この間に、夫は確認の電話を受けていますが、何時だったかは正確にはわかりません。この後、ドットマネーの通帳を見ると、すでに「獲得予定」に記載がありました。

そして22~24日は家族旅行で不在だったのですが、帰ってくるとカード配達の不在票が入っていました。不在票を処分してしまったので正確な配達日時はわかりませんが、23日は祝日ですから、恐らく22日発送、23日に到着したのだと思います。で、ポイントはと言いますと、22日の午前中に確定しています。申込みから、4日目にポイント獲得となりました。

f:id:travel-lover:20161229174022p:plain

改めて見てみると、ドットマネーのほかのクレジットカード案件も、最短3日となっています。例えば、今現在、掲載されているもので高額マネーがもらえるクレジットカードは以下の通りです。この早さは魅力的ですね! 

※年末年始の申込みは2017年1月5日の承認となるようです。

f:id:travel-lover:20161229175117p:plain

f:id:travel-lover:20161229175130p:plain

 

スポンサーリンク

 

陸マイラ―初心者や、ポイントが上限までいかないときにオススメ!

陸マイルを貯め始めたばかりの人にとって、初期に高額ポイントを獲得する(確定する)ことは、ソラチカルートを有効に回していくうえで、とても重要ですね。陸マイルを貯め始めたら、まずはソラチカカードの発行が最優先ですが、その次にドットマネー経由でクレジットカードを発行すれば、ソラチカカードが届いてすぐに2枚目のクレジットカード発行で獲得したドットマネーをメトロポイントに交換することができます。

また、すでに陸マイルを貯めはじめている方でも、ときにはあまり案件をこなせない月もあり、「来月メトロポイントが交換上限(※)までいきそうにない」と焦ることもあると思います。そんなお急ぎのときには、ドットマネーからのカード発行が心強い味方になるかもしれません。※メトロポイントから交換できるのは、毎月1回、20,000ポイントまで(→18,000ANAマイル)

ドットマネーは、毎月15日までにメトロポイントに交換申請をすると、翌月11日にメトロポイントに反映されます。それをその月の15日までにANAマイルに交換申請すると、翌月の初めにANAマイルに反映されます。例えば、以下のようなスケジュールが可能です。

 

  • ドットマネーから1月5日にクレカ案件申込→最短3日でドットマネー確定
  • 1月15日までにドットマネーからメトロポイントに交換申請→2月11日にメトロポイント付与
  • 2月15日までにメトロポイントからANAマイルに交換申請→3月上旬にANAマイル付与

 

ちなみに、ドットマネーはクレジットカードで10,000マネー超えの高額案件が頻繁に掲載されますが、マイラーブログで取り上げられることは少ないです。これは、ひとえに紹介制度がないせいですね(^-^; 紹介しても、メリットがありませんので。

また、「本日限り」などの条件で高額になっていることが多く、賞味期限の短い記事にしかならないという理由もあるかもしれません。なので、高額案件が出ているかどうかは、自力でこまめにチェックするといいと思います。

 

ドットマネーからヤマダLABIカードを発行するときの注意点

今回、夫が申込んだときに、注意が必要だなと思ったことが2つありました。

一つは、申込み手続きの段階では、オンライン上で引き落とし口座の設定をする画面には進みませんでした。ですので、カード受取時に同封されている引き落とし依頼書を速やかに返送する必要があります。または、セゾンのネットアンサーにログインし、オンライン上で口座を設定することもできます。どちらかの方法で、早めに設定を済ませておきましょう。

もう一つは、ポイント獲得条件として「10万円のキャッシング枠の設定」が必要なことです。キャッシング枠を利用したい場合はそのままでも構いませんが、すべてのクレジットカードのキャッシング枠の合計が年収の3分の1を超えると、以降のクレジットカードの審査に通りにくくなるようです。

キャッシング枠が不要な場合は、ドットマネーの確定を確認したあとに、カード裏面に書かれているカードデスクの番号に電話をして、キャッシング枠を0円にしてほしい旨を伝えましょう。

 

ちなみに、夫のヤマダLABIカードを発行した理由は

ヤマダLABIカードは、クレディセゾンがヤマダ電機とANAと提携して発行しているカードで、国際ブランドはアメリカン・エキスプレスです。なので、コストコでの支払いに使用可能です。しかも、年に1回でも利用すれば、年会費は無料になります。

★くわしくは以下の記事に書いています。

 

わが家では私がコストコの会員になっているのですが、先日、夫のコストコ家族カードを作りました。ですが、夫はコストコで支払いに使えるクレジットカードをもっていないので、1人で買い物に行くと現金払いしかできなかったんです。で、今回このカードを作ったというわけです。必要なカードの発行をして、たった4日で10,500円相当のポイント(マネー)を獲得できたので、とってもお得だったと思います。

 

陸マイラー初心者は、同時にハピタスやちょびリッチに登録を!

以上のように、ドットマネーからのクレカ発行案件はポイント(マネー)確定までがとてもスピーディなのが魅力です。しかし、やはりいちばん大事なのは獲得ポイントの高さですね。カードの申込みに際しては、その時点でどのポイントサイトがもっとも高額ポイントになっているかを、ポイントサイト案件比較検索 / どこ得?で検索してから申込みをしましょう。

どこ得?に掲載されている中には陸マイルを貯めるのには不向きなポイントサイトもあるので、まずは陸マイルを貯めるのに最適なハピタスちょびリッチに登録をして、登録した中でいちばんお得なサイトを利用すると思います。

★関連記事はコチラ

また、クレジットカードの発行だけでなく、外食モニターや商品モニター、ショッピングなどで合わせてポイントを獲得していくためにも、最初は3~4つのポイントサイトに登録をして、各サイトの得意分野で案件をこなしていくのがオススメです。

 


 

 

 

陸マイラーさんの旬な情報が満載!

ほかのポイントサイトについて詳しい記事もたくさんあります。

クリックよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

 

 

 

 

スポンサーリンク