子連れマイラー・こめっとが行く!

ママとして陸マイルをためる日々のあれこれを綴ります

バニラエア、夏休み期間のセール運賃を本日18時より販売開始! 成田‐札幌2,980円~、成田‐沖縄3,980円~

 

スポンサーリンク

 

【目次】

 

f:id:travel-lover:20170323013246p:plain

 

夏休み期間のわくわくバニラ運賃、販売スタート!

本日(2017年3月23日)18:00から、バニラエアが期間限定で販売するセール運賃の“わくわくバニラ”が販売開始されます。

www.vanilla-air.com

f:id:travel-lover:20170322234859p:plain

対象路線は6路線、搭乗期間は基本的に夏休みを含む7~8月となっています。行き先が夏休みの子連れ旅行にピッタリのところばかりですから、あっという間に売り切れてしまいそうですね。以下はすべて片道の運賃です。

  • 東京(成田)~札幌 搭乗期間:7/1~8/28 2,980円~ ※1日6~8便
  • 東京(成田)~函館 搭乗期間:7/1~8/28 3,980円~ ※1日1便
  • 東京(成田)~奄美大島 搭乗期間:7/1~8/28 4,880円~ ※1日1便
  • 東京(成田)~沖縄 搭乗期間:7/1~8/28 3,680円~ ※1日1便のみ対象
  • 大阪(関西)~函館 搭乗期間:7/15~8/31 4,880円~ ※1日1便
  • 大阪(関西)~奄美大島 搭乗期間:7/1~8/28 3,980円~ ※1日1便

わくわくバニラで販売される座席数には限りがあります。東京~札幌は便数が多いですが、あとは1日1便なので、競争率が高くなりそうですね。※東京~沖縄は1日2便運航していますが、わくわくバニラの対象になるのは往復ともに1便のみ。

上記の運賃に、1人1区間あたり600円の支払い手数料が加算されます。また、国内線利用時でも成田発着便については空港使用料(12才以上380円、2才以上12才未満190円)が加算されます。

 

わくわくバニラとは?

わくわくバニラはセール運賃のため、さまざまな制限があります。便・日付の変更やキャンセルはできません。また、並び席を確保したい場合は、座席指定料(500円~)が必要です。

 

f:id:travel-lover:20170224044146p:plain

また、荷物を預ける場合は以下の料金が必要です。

※国内線はすべてエリア1に該当します。

f:id:travel-lover:20170224044007p:plain

子連れの場合は、座席指定や荷物預けが必須になりますね。とはいえ、例えば4人分のスタンダードシートの座席指定をして20kg以内の荷物を1つ預けるとしても、追加料金は合計で4,000~4,400円です。

わくわくの運賃は今の時点では最安価格しか発表されておらず、実際は日によって異なるのではっきりとしたことはいえませんが、おそらく追加料金を払ったとしてもほかの運賃よりお得になると思います。

追加料金などについて、くわしくは、バニラエア公式サイトでご確認ください。

www.vanilla-air.com

 

 

スポンサーリンク

 

成田空港・第3ターミナルをご紹介

わが家は2年前と去年、成田からバニラエアを利用しました。成田では第3ターミナル利用になります。高速バスで成田に行く場合は第3ターミナル近くで降車できるのですが、車や電車で行く場合は第2ターミナル前から連絡バスか徒歩で移動することになります。車や電車で行く方は、時間に余裕をもって到着するようにしてください。

2年前は、連絡バスで移動しました。でも、バスだと荷物を乗せ降ろしするのが面倒なのと、空港前の一方通行をぐるっと回ってくる形になるので、結局15~20分ほどかかります。

それで、去年は徒歩で移動しました。子どもたちがこのアクセス通路をわりと気に入っていて楽しそうに歩いていたので、どちらかというと歩くほうがいいかなと思います。カートを押すのがまったく苦にならない通路です。 

f:id:travel-lover:20170323004743p:plain

 第3ターミナル入り口。

f:id:travel-lover:20170323010144j:plain

バニラエアのカウンターは、一番奥にあります。チェックインは出発時間の2時間前スタート。去年は国際線利用だったのでかなり時間に余裕をもって到着したところ、チェックイン開始までカウンター前で時間をもてあましてしまいました(´-ω-`)

第3ターミナルはとてもコンパクトでお店も少ないです。バニラエアのカウンターのすぐ近くにフードコートがあるので、一応食事はできます。カードラウンジなどはありません!

f:id:travel-lover:20170323011001p:plain

 

そして、搭乗口へは国内線のほうが遠いです。出発ロビーから一度サテライトブリッジを通り、出発エリアへと進みます。わが家が2年前に札幌に行ったときは、ここからさらにバスに乗っての搭乗となりました。

ちなみに、去年は国際線だったのですが、国際線は出国審査もガラガラで移動距離もすごく短くて、あっという間に搭乗口に着きました。

f:id:travel-lover:20170323011156p:plain

 

LCCなので機内はやや狭いですが、成田~札幌だとフライト時間は1時間半なので、まったく問題なかったです。子どもたちは折り紙をしたり本を読んだりして、大人しく過ごしていました。

f:id:travel-lover:20170323011521j:plain

 

家族旅行を考えるにあたり、全員分の航空券を手配するとどうしても高額になりますが、わくわくバニラ運賃なら旅費をかなり安く抑えられますね! 

 

ちなみに、私はANAマイルを貯めて、特典航空券でも家族旅行をしています。私が実践している貯め方はコチラの記事をご覧ください。

www.travel-lover-comet.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

陸マイラーさんの旬な情報が満載!

クリックよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ  にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

www.travel-lover-comet.com

www.travel-lover-comet.com

www.travel-lover-comet.com

www.travel-lover-comet.com