子連れマイラー・こめっとが行く!

ママとして陸マイルをためる日々のあれこれを綴ります

ANAマイルで発券した特典航空券でも利用できる! ユナイテッド航空の「エコノミープラス」とは?

 ANAマイルを使って、ユナイテッド航空(UA)の特典航空券を発券することができます。行き先はグアム、ホノルル、アジア各都市、アメリカ各都市などいろいろありますが、中でも子連れ旅行をする方に人気なのはグアムではないでしょうか。

f:id:travel-lover:20170628165015p:plain

エコノミークラス(往復)が1人あたり20,000マイルですから、家族4人分でも80,000マイル。フライトマイルやクレジットカード決済だけでも頑張れば貯められるマイル数なので、狙っている人が多く、時期によってはあっという間に満席になります。

また、日本からグアムへはフライト時間が3時間半程度と短いことも、子連れにうれしいポイントです。さらに、グアムのホテルの多くは子連れ向けのサービスが充実していますし、子どもと一緒に楽しめるオプショナルツアーも多数あります。

わが家もそんな「子連れ天国・グアム」へ旅行するため、先日、家族4人分の特典航空券を発券しました。

www.travel-lover-comet.com

そして、座席指定をしようとして、ANAマイルで発券した特典航空券でも、エコノミープラスというクラスの座席が利用できることを知りました。今回は、その利用方法やメリットを紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

【目次】

 

 

その前に、ビジネスへのアップグレードは可能?

エコノミープラスの前に、エコノミーからビジネスへのアップグレードは可能かどうか?について。ANAサイトの特典予約の確認/変更ページを見ると、このように「アップグレード申し込み」という表示があるんですよね。

f:id:travel-lover:20170628142854p:plain

 

これを見たら、「え!もしかしてアップグレードできんの!?」と思いますよね。

ANAを含むスターアライアンス各社の上級会員資格を一切もっていない総平ステイタスのわが家の場合、ビジネスクラスでの特典予約はかなりハードルが高いです。というか、そもそもグアム行き特典航空券に関しては、直近の日程で空席がある場合しかビジネスクラスの予約枠が開放されない感じです(ステイタスがあれば違うのかな~?)

ですから、アップグレードできたらうれしいな~(*´▽`*)とか期待するわけです。

しかし、ここをクリックしてもこのようなエラーメッセージが表示されます。

f:id:travel-lover:20170628143737p:plain

さらに、「お申し込み条件」というところをクリックした先に、このような一文があります。

f:id:travel-lover:20170628144016p:plain

そ、そうか…。だよね。特典航空券だもんね。

ちなみに、UAのサイトでも、追加料金・ユナイテッドマイルなど、何を使ったとしてもビジネスへのアップグレードはできません(念のため電話確認済みです)。

 

エコノミープラスは利用可能

ユナイテッド航空の座席には、エコノミーとビジネスの間にエコノミープラスというクラスがあります。ANAでいう、プレミアムエコノミーのような位置づけですね。ANAマイルでUAのエコノミーの特典航空券を発券した場合でも、このエコノミープラスを利用することが可能です。ただし、追加料金が必要です。

利用するには、まずユナイテッド航空のサイトで予約番号(ANAで発券したEチケットに記載されています)と姓を入力し、予約確認をします。

f:id:travel-lover:20170628145546p:plain

www.united.com

 

すると、予約の詳細が表示され、その下に推奨アドオンなるものが表示されます。

f:id:travel-lover:20170628150101p:plain

いちばん右に、「エコノミープラス席のご利用が可能です」とありますね。このほか、優先搭乗サービスやマイルの購入もできるようです。

さて、エコノミープラス席の利用料金は、49USD~となっています。私が搭乗する便で調べたところ、座席下に収納のない2席のみが49USDで、あとは56~69USDでした。

 

エコノミープラスとは

私が搭乗予定の機材では、以下のようになっています。シートマップのブルーの席がエコノミープラスです。

f:id:travel-lover:20170628152230p:plain

f:id:travel-lover:20170628152116p:plain

座席構成を見ると、エコノミープラスはエコノミーに比べてシートピッチが10cmほど広く、リクライニング幅もやや大きいことがわかります。

しかし、シートそのものやシート幅はエコノミーと同じ。エンターテイメントなどの環境も同じ、機内食も同じ。また、エコノミープラスのチケットを持っていても、チェックインや搭乗・手荷物の優先権はなく、ラウンジも利用できません。

つまり、エコノミーとの違いは、座席の足元がちょっと広くてラク!この1点につきるようです。

 

エコノミープラスを利用するメリット

とはいえ、機内で座席の足元(前列との間隔)が10cm広いというのは、場合によっては大きな違いといえるかもしれません。例えば、2才未満の赤ちゃんを膝の上に抱っこして搭乗する場合は、狭いとお世話が本当に大変なので、差額を支払ってもエコノミープラスを利用する価値があると思います。

また、これはすべての機材に当てはまるかわかりませんが、上に示した機材の場合は、エコノミープラスの特定の席にのみ、赤ちゃんを寝かせれるバシネットが設置されているようです。

ただ、バシネットの利用についての案内を読むと、エコノミープラスの追加料金が必要なのかどうかがわかりません。いずれにせよ、利用を希望するは事前予約が必要なので、早めに問い合わせたほうがよさそうですね。

f:id:travel-lover:20170628153916p:plain

https://www.united.com/web/ja-JP/content/travel/specialneeds/infants/default.aspx

さらに、エコノミープラスはエコノミーより前方にあるので、降機が早くできるというのもメリットといえると思います。

有名な話ですが、グアムの入国審査はめちゃくちゃ時間がかかります。早く降りて、列の前方に並ぶことができれば、それだけ入国審査も早く受けることができるので、待ち時間も短くなるはずです。私は眠った3才児を抱っこして1時間並んだことがありますが、めちゃくちゃキツイです…。

ただ、入国審査の待ち時間だけを考えるなら、ESTAを取得してESTA専用レーンで審査を受けるほうが、早くて安くつきそうです(ESTA公式サイトからの個人手配で1人14USD)。

グアムへの入国|グアム政府観光局

ESTA(エスタ)申請 | 在日米国大使館・領事館

 

 

スポンサーリンク

 

わが家の場合は、利用しま…

せん!!(*ノωノ) (笑)

子連れ旅行の場合、絶対に機内では並び席を利用したいので、エコノミープラスをとるとしたら4人分。つまり、2万円以上必要です。しかしですね。

 

4人のうち2人は、床に足が届きませんからね(^-^;

 

もちろん少しでも広いほうがいいことは間違いないんですけど、赤ちゃんもいないし、夜便なので子供は寝るだろうし、何といってもグアムは3時間半で着きますからね。2万円を払うのはもったいないかな…と判断しました。

でも、これが中~長距離路線だったらもっとメリットが大きく感じられると思うので、今後、行き先しだいで利用する可能性はあると思います。

 

座席指定もUAサイトから

エコノミーの座席を利用する場合も、発券後なるべく早く座席指定をしておいたほうがいいと思います。座席はANAサイトでも選べるようになっているのですが、ここで選択した座席は「リクエスト中」という表記になり、いつ確定されるのか?よくわかりませんでした。

しかし、UAサイト上で座席指定をすると、その場で確定されます。先ほどの予約確認ページから、「座席の変更/表示」というところをクリックし、希望の座席を選択しましょう。なるべく前方を指定しておくことをおすすめします。

UAサイト上で座席を指定したあとで、ANAサイト上で予約確認をすると、座席番号が表示されますよ。

 

 

スポンサーリンク

 

陸マイラーさんの旬な情報が満載!

クリックよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ  にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

1年間で28万マイル貯めました!その方法はこちら。

www.travel-lover-comet.com

 

www.travel-lover-comet.com

www.travel-lover-comet.com