子連れマイラー・こめっとが行く!

ママとして陸マイルをためる日々のあれこれを綴ります

【バニラエア】2018夏季運航便が販売開始。特典航空券の予約はいつから? ANAとの必要マイル比較など

【重要】「ソラチカルート」中継サイトからメトロポイントへの交換は3月31日で終了!

当ブログで紹介しているソラチカルート(ANAマイルを貯める方法)は、2018年3月31日をもって使えなくなりました。各記事内のソラチカルートに関する記述は、順次、修正いたします。しばらくは修正が追い付かない部分もございますが、ご容赦くださいませ。

 

【追記】☆バニラエア特典航空券☆2018年2月22日に、国内線の2018年6月16日(土)~10月27日(土)のが開放になりました!夏休み、シルバーウイークの予約はお早めに!

↓バニラエア特典航空券の予約はこちらから。

概要 | マイルを使う | ANAマイレージクラブ

 

 

*********************✈

 

12月14日(金)14:00に、バニラエアの2018年夏季運航便が販売開始されました。対象期間は、国内線は春休み・ゴールデンウイークを含む3月25日~6月15日。国際線は春休み・ゴールデンウイーク・夏休み・シルバーウイークを含む3月25日~10月27日。ここ数年は、国内線は年4回、国際線は年2回の一斉販売開始となっているようです。

  • 国内線:2018年3月25日(日)~6月15日(金)
  • 国際線:2018年3月25日(日)~10月27日(土)

※国内線の6月16日(土)以降分は、1月下旬より販売予定。

f:id:travel-lover:20171216225224p:plain

【公式】バニラエア (Vanilla Air) - 国内 海外 レジャー・リゾート路線のLCC 格安航空券の検索・予約

 

片道運賃は以下の通り。

f:id:travel-lover:20171216230317p:plain

f:id:travel-lover:20171216230412p:plain

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

国内線の春休み期間の運賃をチェック

いくつかのケースを見てみましょう(運賃はすべて東京発、2017年12月16日現在のもの)。ゴールデンウイーク期間はかなり高騰しますので、国内線は春休み期間を見てみます。

 

春休みの東京~札幌は往復9,960円~

まだ雪遊びができる3月の札幌へは、土日を含む3日間で(シンプルバニラ)最安値は往復9,960円。なかなか魅力的ですね。

f:id:travel-lover:20171216232730p:plain

 

春休みの東京~沖縄は往復11,760円~

泳ぐにはちょっと早いですがちょうどよい気候の沖縄へは、土日を含む3日間で(シンプルバニラ)最安値は11,760円。

f:id:travel-lover:20171216233537p:plain

 

国際線の夏休み期間の運賃をチェック

ANAなどのレガシーキャリアでは、燃油サーチャージが2017年12月に値上がりし、2018年2月からさらに値上がりすることが決まりました。それに対し、バニラエアの運賃は燃油サーチャージ込みというところも魅力です。

 

夏休みの東京~香港は往復17,360円~

まずは香港。土日を挟む日程で(シンプルバニラ)最安値は往復17,360円。意外とお盆前後も値上がり幅が小さいですね。この運賃なら、早めに売り切れてしまうかも?

f:id:travel-lover:20171216233747p:plain

 

夏休みの東京~セブは往復29,760円~

次にセブ。土日を挟む日程で(シンプルバニラ)最安値は往復29,760円。セブ行は1日1便ですが、出発時間が往復ともにとてもよい設定になっているところが子連れにはかなりポイントが高いと思います。

f:id:travel-lover:20171216234800p:plain

 

夏季運航便運賃まとめ

コミコミバニラ・シンプルバニラの運賃は残席数に応じて料金が変動するため、搭乗日が近づくほど値上がりする傾向があります。この点から、繁忙期にあたる春休み・夏休みの運賃は、販売間もない時期がいちばん安い可能性が高いです。

ただ、いずれも「激安」といえるほどではなく、恐らくこのあとセール価格のわくわくバニラが出てくるでしょうから、タイミングが難しいところ。

とはいえ、繁忙期はわくわくバニラの設定がないこともありますし、繁忙期にしか旅行に行けない方は、シンプルバニラを早めに押さえるのが、ベストな選択といえるかもしれません。

 

シンプルバニラ運賃は、払戻不可、変更可(手数料4,000~8,000円)の運賃タイプです。コミコミバニラ運賃は、払戻可(手数料3,000~8,000円)、変更可(手数料500~1,000円)、座席指定無料、荷物預け20kgまで無料。詳しくはこちらをどうぞ。

運賃タイプ|サービス紹介 | バニラエア Vanilla Air - 国内 海外 レジャー・リゾート路線のLCC 格安航空券の検索・予約」

どの運賃タイプも、別途、支払い手数料と旅客施設使用料がかかります。

 

また、バニラエアは100円で1ポイントたまるポイント制度を導入しました。購入の際は登録をお忘れなく!


 

スポンサーリンク

 

ANAマイルが使えるバニラエアの特典航空券

ANA特典航空券との比較

ANAマイルで、バニラエアの特典航空券をとることができます。同じ路線でバニラエア特典航空券とANA(スターアライアンス便・提携航空会社便含む)特典航空券の必要マイル数を比較すると以下の通り。バニラエアとANAで、5,000マイル以上の差があるところに色を付けてみました。

 

f:id:travel-lover:20171217025716p:plain

※同じ路線が就航していない場合やサービスの違いはありますが、便宜上、単純比較できるようにまとめました。

※バニラエアは東京=成田、大阪=関空のみ。ANAは羽田・伊丹も含みます。

※ANAはシーズンで必要マイル数が異なります(後ろにシーズンチャート有り)。

 

国内線は、レギュラーシーズン、ハイシーズンでバニラエアがかなりお得になることがわかります。

国際線は、国内線に比べると差が小さいですが、香港・台北ならバニラエアを使う価値がありそうです。セブはANA提携航空会社のフィリピン航空を利用したほがお得なので、気を付けましょう!(ANAマイルでのフィリピン航空の特典利用は電話のみ申込み可能です)

ただし、バニラエアは特典航空券でも燃油サーチャージがかかりません。一方、事前座席指定や予約の変更には手数料が必要です。なので、マイル数だけでは比較できない部分もありますね。

 

ANAのシーズンチャートは以下の通り。

【国内線】

f:id:travel-lover:20171217013446p:plain

【国際線(日本発着便)】

f:id:travel-lover:20171217013500p:plain

 

夏季運航便の特典航空券はいつ開放される?

2017年12月16日現在、バニラエアの特典航空券は3月24日(土)までしか予約できません。夏季運航便については、いつ開放されるのでしょうか?

ANAの場合、国内線の特典航空券は搭乗日の2カ月前、国際線の特典航空券は355日前に開放されますが、

バニラエアは、ANAとは異なり、特定の日に一斉に開放されます。

 

【追記】2017年12月21日に開放になりました!有償航空券と同様に、国内線は6月15日まで、国際線は10月27日分まで。

2018年3月25日(日)以降のバニラエア特典航空券受付について | ANAマイレージクラブ

 

ただし、必要マイル数と運賃を比較すると…

ただ、今回販売開始された運賃と特典航空券の必要マイル数を比較すると、以下のようになります。

  • 成田~札幌 往復マイル:10,000マイル 春休み往復運賃:9,960円 
  • 成田~沖縄 往復マイル:12,000マイル 春休み往復運賃:11,760円 
  • 成田~香港 往復マイル:17,000マイル 夏休み往復運賃:17,360円
  • 成田~セブ 往復マイル:30,000マイル 夏休み往復運賃:29,760円

特典航空券を利用すると、どの区間もほぼ1マイル=1円くらいの価値で使うことになります。それなら、ANAのマイルを使うのはちょっともったいない?というか、バイマイル感覚で航空券を購入してもいいのかな…という気もします(^-^;

バニラエアでも運賃が高騰するゴールデンウイーク、お盆前後は、特典航空券をとる価値が大きいといえそうですね。 

 

ANAマイルでバニラエアの特典航空券を発券するには

ANAのWEBサイトにログインし、メニューバーの「ANAマイレージクラブ」→特典航空券の「バニラエア」→「特典航空券」の順に進みます。

f:id:travel-lover:20171217022059p:plain

「バニラエアのAMC予約サイトへ」と表示されたところをクリックすると、予約サイトにジャンプします。

 

その他、バニラエアの特典航空券に関する注意については、以下をお読みください。

https://www.vanilla-air.com/jp/amc/index.html

■ バニラエア特典航空券に関する注意点
  • ※ご予約は1区間(片道)からご予約になれます。
  • ※国際線は別途空港使用料が必要です。
  • ※特典航空券の払い戻しはできません。
  • ※予約変更は、当ウェブサイトおよびバニラエアホームページでは承れませんので、バニラエア予約センターにてお手続きください。
    また、変更手数料として、お一人様1区間につき4,000円*の変更手数料が必要です。
  • ※バニラエア特典航空券には、20KGまでの受託手荷物料金が含まれていますが、超過手荷物料金・定形外手荷物料金は含まれていません。
    また事前座席指定には別途料金が必要です。当ウェブサイトにてご予約ください。
  • ※「予約変更」を除く各種手続き(新規予約、受託手荷物追加、事前座席指定等も含む)をバニラエア予約センターもしくは空港カウンターにて行う際は、別途手数料が必要です。
    予約センター:1人1対応毎 1,000円
    空港カウンター:1人1対応毎 2,000円
  • ※バニラエア特典航空券ご利用における各種お支払いは、クレジットカード(VISA・MASTER・JCB加盟の各種クレジットカード)のみになります。
  • ※バニラエアのサービスはANAと異なる点がありますので、必ずバニラエアホームページにてサービス内容をご確認ください(バニラエアの利用規約が適用されます)。
  • サービスに関するご質問はバニラエア予約センターにお問い合わせください。
  • また、ご利用についてはバニラエアの運送約款に基づきます。詳細についてはこちらよりご確認ください。
  • * 記載の金額は、日本発又は日本国内線旅程の設定金額であり、出発地が日本以外の場合、出発国の通貨が日本円でレート換算されます。

 

スポンサーリンク

 

 

陸マイラーさんの旬な情報が満載!

クリックよろしくお願いします。

 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ  にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村