子連れマイラー・こめっとが行く!

ママとして陸マイルをためる日々のあれこれを綴ります

【マイルの使い方】平会員でも家族4人でビジネスクラスが実現!「マイルでアップグレード空席待ち」が落ちてきた(^o^)/

「どんなに多くのマイルを貯めても、ANAマイレージクラブ平会員だとビジネスクラス特典航空券4席は取れない」とよく言われます。実際、ANA国際線のビジネスクラス特典航空券の平会員への開放枠は2~3席です。※一部の提携航空会社で4席のこともあります。

でも、「平会員だと4人でビジネスクラスに搭乗できない」ということではありません。現時点で平会員(SFC修行中)である私こめっとが、「特典航空券+有償航空券をマイルでアップグレード」という形で、家族4分のビジネスクラス航空券をゲットしました! 

有償航空券も、大部分はマイルをスカイコインに交換して利用したので、「ほぼマイルによって」ゲットしたといえると思います。

この記事では、その方法と、使ったマイル・費用をご紹介したいと思います。そして面白そうなので、すべて特典航空券、すべて有償航空券で発券した場合とマイル・費用の差額も検証します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

アップグレード空席待ちは突然に

つい先日、朝起きたらANAから「アップグレードの申し込みを承りました」というメールが届いていました。このところ、2019年GWの発券のことで頭がいっぱいだった私は「は!?(・_・)??? ナンノコト?」と一瞬、意味がわかりませんでした。

 

が!

 

(;゚Д゚)ああああああ~!

あれだ! 空席待ちだ!! 落ちてきたんだ!

 

と思い至りました。

わが家は今年の夏、マレーシアのランカウイ島に家族旅行に行きます。東京~クアラルンプールはANA便を利用するのですが、私と娘の復路について、ビジネスクラスへのアップグレード空席待ちをしていたのです。それが、落ちてきたようです。

夫と息子の分は、往復ともにビジネスクラス特典航空券を発券済み。私と娘の分は、マイルをスカイコインに交換して、往復ともにプレミアムエコノミーの有償航空券を発券していました(一部は現金で支払いました)。発券したときの記事がこちら。

2席・2席でビジネスとプレミアムエコノミーに分かれる予定でしたが、今回のアップグレードで、復路は家族全員でビジネスクラスに搭乗できることになりました! やった~!!(≧▽≦) 陸マイラーになって苦節2年(早っ!)夢が現実になりました!

 

ビジネスクラスの特典枠は追加されることがある

ANA国際線の特典航空券は搭乗日の355日前から予約・発券が可能になりますが、この開放日時点では、ステータスごとに特典枠として決められた席数しか開放されません。特典枠は公表されていませんが、私がリサーチした(エア発券を繰り返した)範囲では、東京~クアラルンプールの平会員へのビジネスクラス特典枠は、恐らく3席です。

上級会員であるプラチナ会員(SFC会員)、ダイヤモンド会員には、「国際線特典航空券の優先」という特典があり、より多くの特典枠が開放されます。特典航空券は、平会員は取りにくく、上級会員は取りやすいのです。これがとっても羨ましいので(笑)、私も現在、プラチナ会員(SFC会員)を目指してSFC修行を行っているところです。

 

ところがですね。

特典開放日時点では3席でも、搭乗日が近付いてきた時点で、空席状況に応じて特典枠が追加されることがあるようです。直近の日程で特典航空券を検索してみると意外に空席が見つけられることがあるのですが、これは恐らく、どこかのタイミングで特典枠が追加されたためでしょう。

どのタイミングで何席追加されるなどの情報は公開されていませんし、必ず追加されるわけではありません。恐らく、繁忙期、人気路線では追加されないでしょう。

追加された特典枠は、空席待ちをしている人がいれば空席待ちの順番が早い(そして会員ステータスが高い)人のものになりますし、空席待ちをしている人がいなければ「空席あり」の表示を早く見つけた人のものとなります。

つまり、空席待ちは、もともと予約を持っていた人がその予約をキャンセルした時だけでなく、特典枠が追加されたときにも落ちてくることがあるのです。

 

ですから、たとえば4席取りたいけど特典開放枠が3席しかない場合、予約を3人+1人に分け、まず開放日に3席確保し、特典枠の追加を見込んで1席空席待ちにしておく、というのも1つの方法かもしれません。

しかしこれは、搭乗日が近付いて枠が追加され、空席待ちが落ちてくればラッキーですが、落ちてこなければ有償航空券を購入することになるので、なかなかの賭けですね(^-^; 有償の空席がなくならないかを頻繁にチェックする必要がありますし、何より直前まで全員分のチケットがそろわないので、落ち着かないかなと思います。私には難しいかな…。

 

 

スポンサーリンク

 

マイルでアップグレード空席待ちを利用

そこでご紹介したいのが、「下位クラスの有償航空券を購入しておいて、アップグレード空席待ちをする」という方法です。

有償航空券のうち、アップグレード対象予約クラスの航空券は、マイルを使ってアップグレードをすることができます(上級会員に付与されるアップグレードポイントを使ってアップグレードをすることもできますが、平会員を対象としたお話しですので、ここでは割愛します)。アップグレード対象予約クラスは以下の通り。

f:id:travel-lover:20180513001259p:plain

購入の際に、アップグレードの対象かどうかが表示されます。

f:id:travel-lover:20180512232708p:plain

 

この「マイルによるアップグレード枠」は、じつは特典開放枠と同一です。特典航空券に空席があればマイルによるアップグレードも空席あり、特典航空券が空席待ちであればマイルによるアップグレードも空席待ちとなります。

ですから、特典開放枠が3席なら、特典航空券を3席押さえた時点で、同じ便のマイルによるアップグレードは空席待ちとなります。しかし、空席待ちをしておけば(順位が早ければ)、特典枠が追加された時点で、アップグレードが成立します。

これなら、特典枠が追加されれば全員でビジネスに搭乗できてラッキー、追加されなくても、全員で同じ便に搭乗できることは発券時点で保証されているので、安心感があります。

アップグレードに必要なマイル数は以下の通り。東京~クアラルンプールは、1人あたり片道18,000マイルです。

f:id:travel-lover:20180513002915p:plain

その他、アップグレードの申込みについての詳細は公式サイトをご覧ください。

ご利用条件・お申し込み | ANA国際線アップグレード特典 | マイルを使う | ANAマイレージクラブ

 

わが家の場合、私がSFC修行をしている関係で、もともと私の分は有償航空券を購入する必要がありました。本当は特典ビジネス3席+私の有償プレエコ1席を考えていましたが、2席分しか取れなかったため、私と娘の分を有償プレエコで発券することにしました。

特典航空券は大人も子どもも同じマイル数が必要ですが、有償航空券は子どもには小児運賃が適用されます。さらに、特典航空券ではフライトマイルは加算されませんが、有償航空券だと加算されます。それらを差し引きすると、意外に差額(利用マイル)は少なかったかな?と思います(最後に検証します)。

 

空席待ちをするときの注意

特典航空券の空席待ちの場合も、マイルによるアップグレード空席待ちの場合も、席が落ちてきた時点でマイルが減算されます。その時点で、もしもマイル口座に必要マイルが残っていなければ、席を確保することはできません。必ず、マイル口座に必要マイルをキープしておきましょう。下のキャプチャは、アップグレード空席待ちを申込んだ時の受付メールです。

 

f:id:travel-lover:20180513134639p:plain

 

空席は、いつ落ちてくるかわかりません。今回のわが家のケースでは、約2カ月半前でした。何となく「直前に落ちてくるんじゃないかな?」と予想していましたが、そうともかぎらないようなので、油断は禁物です。

 

往路はアップグレード空席待ちをしていない理由(ビジネスとプレエコの違い)

さて。話は変わりまして、現時点では、往路はビジネス2席、プレエコ2席に分かれています。アップグレード空席待ちも入れていません。理由は、往路は23:30発→6:00着の深夜便で、ほぼ寝て過ごすことになりそうだからです。

私たちが搭乗する機材は、B787-9。この機材のビジネスクラスは、フルフラットシートを互い違いに配列したスタッガードシートを採用しています。

f:id:travel-lover:20180513010443p:plain

f:id:travel-lover:20180513005756p:plain

1人あたりのスペースが広く、プライバシーも保たれて、とても快適そうですね。これぞビジネスクラス!という魅力を感じます。寝心地もよさそう。

でも、その半面、子どもと隣同士で座ったとしても距離があること、フルフラットにすると恐らくお互いの姿が見えないことがちょっと気になります。深夜便では機内が暗くなりますし、性格上、娘は不安がるかもしれません。「一緒に寝て」とか言われたら、ベルト着用サインが点灯するたびに面倒なことに…(^-^;

 

一方、プレエコは、エコノミーよりもややシートピッチ・座席幅が広く、レッグレストが付いている座席。2-3-2の配列になっています。2列目以降はフットレストもついていますが、私たちは1列目を指定しています。フットレストよりも、スペースの広さを優先して選びました。娘はフットレスト必要ないですしね。

f:id:travel-lover:20180513011241p:plain

f:id:travel-lover:20180513005909p:plain

 

 

ビジネスに比べてかなり見劣りはしますが、エコノミーよりは確実に快適でしょう。リクライニング幅は大したことがなさそうですが、個人的には、レッグレストさえあれば快適に眠れそうな気がします。妊娠後期悪阻のとき、横たわると吐き気がしていたので、毎日上体を起こして眠っていましたし(笑)。

それに、これなら娘と隣同士に座っていても安心感がありそうです。

 

また、食事はビジネスクラスでは専用の豪華なもの、プレエコはエコノミーと同じ食事に、以下のプレエコ用のメニューが追加される形です。

f:id:travel-lover:20180513140437p:plain

この差もかなり大きいですが、往路の時間帯だと提供されるのは恐らく朝食で、それもかなり早い時間になるので、食べられるかどうかわかりません。一風堂かスープで充分な気もします。

それに、ラウンジ利用やチェックイン・手荷物の優先などの特典は、ビジネスもプレエコも同じです。

 

そんな理由で、今のところ、往路はプレエコのままでいいかな~と思っています。復路は日中便なので、全員でビジネスクラスを満喫したいと思います。乗り比べてブログネタにも……(゚∀゚)。

 

今回の航空券に使ったマイルと費用

最終的に、往路:ビジネス2席+プレエコ2席、復路:ビジネス4席に使ったマイルと費用は以下のようになりました。

f:id:travel-lover:20180513144810p:plain

 

諸経費込みで、156,000マイル+325,940円。費用のうち、243,515円はマイルをスカイコインに交換して充当(約152,200マイル分)したので、現金の持ち出しは82,425円となりました。マイル→スカイコインは、ANAゴールドカード保有者が50,000マイル以上を交換する場合、×1.6倍となります。

ざっくりと、30万マイル+82,000円というところですね。諸経費33,640円を差し引いて航空券のみを考えると、30万マイル+50,000円くらいです。

また、私と娘にはフライトマイルとプレミアムポイントが加算されます。アップグレードされた場合も、購入した航空券の予約クラスに応じたマイルとプレミアムポイントが加算されます。今回のプレエコの予約クラスは「E」なので、フライトマイルは、往復で1人あたり6,676マイル(2人で13,352マイル)、獲得プレミアムポイントは、往復で1人あたり10,814ppとなります。

 

 

スポンサーリンク

 

すべて特典・すべて有償の場合と比較してみた

参考までに、大人2人+子ども2人の組み合わせで、さまざまなケースを比較してみました。どのケースも諸経費は同じになるので割愛し、航空券に必要なマイル・運賃のみを考えます。

 

すべて特典ビジネスクラスで取るケース
  • 使用マイル:60,000マイル×4人分=240,000マイル
  • 獲得マイル:0マイル

 

すべて有償プレミアムエコノミーを購入するケース

日程や予約クラスによって金額がかわりますが、私が予約した日程(夏休み期間)に、私が予約したのと同じ払い戻しOKの予約クラス「E」を購入する場合、運賃は大人167,000円、子ども125,300円です。

  • 運賃:167,000円×2人+125,300円×2人=637,780円
  • 獲得マイル:1人あたり6,676マイル×4人=26,704マイル

637,780円を、マイル→スカイコイン(×1.6倍)で賄うとすると、398,613マイル必要です。

 

すべて有償ビジネスクラスを購入するケース

こちらも日程や予約クラスによって金額がかわりますが、私が予約した日程(夏休み期間)に、最安の予約クラス「Z」(払い戻しOK)を購入する場合、運賃は大人229,000円、子ども171,800円です。

  • 運賃:229,000円×2人+171,800円×2人=854,780円
  • 獲得マイル:1人あたり8,344マイル×4人=33,373マイル

854,780円を、マイル→スカイコイン(×1.6倍)で賄うとすると、534,238マイル必要です。

 

2席特典ビジネス+2席有償プレエコをビジネスにアップグレードするケース

わが家は2席特典ビジネス、2席を復路のみアップグレードしましたが、仮に往復ともにアップグレードして往復4席ビジネスにした場合も検証しました。

  • 使用マイル:60,000マイル×2人+(18,000マイル×2)×2人=192,000マイル
  • 運賃(プレエコ):167,000円+125,300円=292,300円
  • 獲得マイル:1人あたり6,676マイル×2人=13,352マイル

292,300円を、マイル→スカイコイン(×1.6倍)で賄うとすると、182,688マイル必要です。

 

全部マイルに換算して比較

マイルと円が混ざっていると比較しづらいので、運賃はすべてマイル→スカイコイン(1.6倍)に交換して賄うと仮定して、マイルで比較します。さらに、獲得マイル分を差し引くと以下のような結果になります。

f:id:travel-lover:20180513155920p:plain

いかがですか? これを見て思うのは…。やっぱり特典ビジネス4席取れるのがお得だな!ってことですね(笑)。当然です。でも、平会員にはなかなか難しいのが現実。

なので、プラチナ会員(SFC会員)を目指すSFC修行を行う人が多いわけですが、そのSFC修行を兼ねて家族旅行に行くなら、有償プレエコをアップグレードするのも有りではないでしょうか。

ちなみに、有償航空券のプレミアムポイントの積算率は、プレミアムエコノミーは100%なのに対し、ビジネスクラス「P」は70%と低くなるのでご注意を!

 

 

スポンサーリンク

 

 

↓↓ANAマイルを大量に貯める方法はこちらの画像をクリック!

f:id:travel-lover:20180512000642p:plain

 

★ランカウイでは、こちらに宿泊予定!


★SFC修行については、こちらもどうぞ。

 

 

 

陸マイラーさんの旬な情報が満載!

クリックよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ  にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村