子連れマイラー・こめっとが行く!

ママとして陸マイルをためる日々のあれこれを綴ります

【2018子連れランカウイ旅行】待ちにまった出発の日! 東京→クアラルンプール、ANAプレミアムエコノミー搭乗記

↓ここからの申込みで5%OFF+受取手数料無料に!

2018年7月下旬に、私、夫、10才息子、7才娘の家族4人で、マレーシアのランカウイ島へ行ってきました。

f:id:travel-lover:20180807233400p:plain

 

この旅行は、これまでに貯めてきたANAマイルとSPGアメックスのスターポイント(=マリオットリワードポイント)を使って、これまでの人生で最大にお得で贅沢な旅行となりました。マイルやポイントを貯めていなければ、こんな旅行プランはまず実現することはなかったでしょう。本当に、夢のような時間でした!!

今日から少しずつ、楽しかった旅行を振り返りつつ、旅行記を書いていきたいと思います。どうぞ、お付き合いくださいませ(*^^*) 今回は往路のANA便、東京→クアラルンプールの搭乗記です。

 

 

子連れの深夜便搭乗に備えてやるべきことは…

子どもたちが夏休みに入って数日がたち、待ちにまった出発の日がやってきました。この日までに、子どもたちは約束していた宿題の一部、私と夫は数日間休めるだけの仕事を片付け、無事に旅立ちの準備が整いました。

搭乗するのは羽田発23:30→クアラルンプール着6:00(現地)のNH885便。深夜便のため夕方の出発ですが、家族全員、朝からワクワクを抑えられません! しかし、この日の日中にやるべき最も大切なことは……そう!昼寝です!!( ˘ω˘)スヤァ

 

f:id:travel-lover:20180807233023p:plain

日本とマレーシアの時差は1時間なので、フライトは実質7時間半。わが家の子どもたちは、ふだんは夜9:00~朝6:00までガッツリ眠っているので、7時間半のうち6時間眠れたとしても睡眠不足。往路から疲れて体調を崩してしまっては旅行が台無しです。幼児なら移動中もベビーカーや抱っこなどで寝かせられますが、小学生は自分で歩いてもらうしかありませんから、これはけっこう重要なことではないかと思うのです。

そこで、この日までに「皆で元気に楽しく旅行をするための約束」ということで、2時間ほど昼寝をすることを約束していました。すると、旅行のためなら、と意外に素直に従ってくれました(*^^*) 小1の娘はともかく、小5の息子は眠れるかなぁと心配していましたが、部屋を暗くして冷房を強めにしたら、すぐに眠っていました。私は最終の荷造りとEチケットのプリントアウトなどをすませ、30分ほど仮眠。

そして夕方、自宅でシャワーを浴びてから出発。「ANAラウンジでシャワーを浴びてサッパリしてから深夜便に搭乗」というのに憧れていたのですが、この日、わが家はビジネス2席+プレミアムエコノミー2席に分乗するので、ビジネスの2人しかシャワーを利用できないのですよねぇ。残念ですが、SFCをとったあとの楽しみにしておきます。

【訂正】上記は私のカンチガイで、プレミアムエコノミー搭乗者もANAラウンジのシャワーは使えるそうです! 使えないのは、到着時に使うTIATシャワールームのみだそうです。陸マイラー仲間のrisokaさんに教えていただきました。risokaさん、ありがとうございました!!

 

今回は、ビジネスクラスに夫と息子、プレミアムエコノミーに私と娘と、2つのクラスに分乗します。なぜなら、そう。この旅行は私のSFC修行も兼ねているので、私の分はプレエコで有償発券する必要があったからです。くわしい経緯はこちらで記事にしています。

ちなみに、復路はアップグレードして、家族4人でビジネスクラスに搭乗します。

 

ビジネスクラスカウンターへ

羽田空港に到着したのは夜8時過ぎ。出発の24時間前に自動でWEBチェックイン済みですが、預け荷物と、別途手配した乗継ぎ便があるので、カウンターへ。

さて。同乗者の予約がビジネスとプレエコに分かれている場合、チェックインカウンターはどちらに行けばいいのやら…? と思い、近くにいたGSさんに聞くと、「こちらでご一緒にお伺いいたします」と、だれも並んでいないビジネスクラスカウンターに案内してくれました。

f:id:travel-lover:20180808001410p:plain

私たちは東京→クアラルンプールはANA、クアラルンプール→ランカウイは別途マレーシア航空で手配していました。この場合、最終目的地まで通して荷物を運んでもらえるかどうかで、乗継ぎ時の手間が大きく変わります。事前に電話でANAデスクに聞いたところ、「チェックイン時にご確認ください」とのことでした。

そこで、カウンターでマレーシア航空のEチケットを見せて確認すると、「お荷物は最終目的地までお運びいたします」とのことで、マレーシア航空の搭乗券もいっしょに発券してもらえました。これは助かる!!\(^o^)/ クアラルンプールでの乗継ぎ時、子どもたちは眠くてあまり機嫌がよくないでしょうから、イミグレや荷物ピックアップ、国内線のチェックインへと連れまわすのは気が重いですよね。ひと続きにしてもらえてよかったです♪ 

荷物を預けて身軽になったあとは、予約していたWifiを受け取りに行きました。わが家は2人で使用するので、今のところ毎回Wifiをレンタルしています。今回はグローバルWifiさんにお世話になりました。通信料5%オフ、さらに受取手数料(通常500円)が無料になり、かなりリーズナブルでした。4G LTEで5日間、1日あたり200円の「安心補償パックミニ(80%補償)」を付けて、4,683円支払いました。

f:id:travel-lover:20180807225643p:plain

グローバルWifiのお申込みはこちらからどうぞ。

 

 ANAラウンジでカレーを食す

深夜便のせいかほとんど混雑のない保安検査・出国審査を終えて、ANAラウンジへ。はじめて国際線のANAラウンジに潜入です!

羽田空港のANAラウンジは2カ所ありますが、今回、私たちは147番ゲートからの出発でしたので、114番ゲート側のラウンジを案内されました。素直にそちらへ。

f:id:travel-lover:20180807211434p:plain

 

受付を済ませて中に入ると、いちばんテンションが上がったのが小1の娘。「わ~、〇〇(自分の名前)、こういうところ大好き♡ ねぇママ、飛行機に乗るまでここでゆっくりしようね♪」と、目をキラキラさせていました。女子だね~(笑) そして、ラウンジの意味をよく心得ているらしい。

 

時間は夜9時過ぎ。ラウンジ内はかなり空いていて、ゆったりと落ち着いた空気が流れていました。子どもたちは騒いだりする心配はない年齢ですが、一応、人のほとんどいない奥まったエリアへ。

f:id:travel-lover:20180807212430j:plain

 

私はまずは、いちばん食べてみたかったカレーを。

f:id:travel-lover:20180807212946j:plain

感想は……!? 器が意外と小さいんですね(笑) 皆さんのエアポート投稿を見て、山盛りにされる方が多いなぁと思っていたのですが、謎が解けました。お玉が大きいのに対して器が小さいので、どうしても山盛りになってしまうんですね。でも、ほかのお料理も少しずつ食べたいので、量的にはこのサイズでちょうどよいですね。味は、とっても美味しかったです(´∀`*)カレー好き一家なので、全員、おいしくいただきました。

f:id:travel-lover:20180807213350j:plain

とくにカレー好きの息子は大喜び。うめえ、うめえと食べてました(笑) あ、おにぎりも3つ食べて、パンも食べてました。そして最後に…。とんこつラーメンも(゚∀゚) カレーにラーメンが食べられるなんて、男子にとってもラウンジはパラダイスですね。

f:id:travel-lover:20180807213508j:plain

 

あまりお料理の写真は撮れませんでしたが、ラウンジの食事メニューは想像していたより充実していました。こちらが羽田空港国際線ANAラウンジのメニューです(2018年6~8月)。もちろん、アルコール類もあります。

f:id:travel-lover:20180807214154p:plain

 

 

スポンサーリンク

 

プレミアムエコノミー最前列の15A・15C

搭乗時刻が近付いてきたので、搭乗ゲートへ。

f:id:travel-lover:20180807221102j:plain

 

ゲートに着くと間もなくダイヤモンドメンバー、続いてビジネスクラスの優先搭乗が始まったので、夫と息子を見送り。2人とも、ビジネスクラスにウキウキして、足取りも軽く搭乗していきました。ふと気付くとすでに全搭乗者の長い列ができていたので、私と娘は最後のほうに搭乗しました。

機材はB787-9の215席、私と娘のシートはプレミアムエコノミー最前列の15A・15Cです。ちなみに、夫と息子はビジネスクラスの最後列の可動式パーテーション席、13E・13G。

 

f:id:travel-lover:20180807220118p:plain

 

一応、近い席を指定したものの、カーテンで仕切られるからあまり関係ないだろうな~と思っていたのですが、水平飛行になって機内サービスが始まるまではカーテンも13E・Gの後ろについている3つの小窓も開け放たれていて(恐らく安全面からだと思われますが)、夫と息子の姿が見えていました。あ、男2人はビジネスクラスのあれこれに夢中で、私たちを振り返ることは一度もなかったですけどね( ̄▽ ̄)

 

さて、プレエコの最前列。これは想像以上に足元が広くて楽チンです(・´з`・) 娘なんてこれですから。

f:id:travel-lover:20180807221247j:plain

無駄! 空間が無駄過ぎる!!(笑) でも目の前に何もないのは、気分的にも余裕があってくつろげますね。プレエコ2列目以降に比べてのデメリットは、フットレスト(足先をのせるところ)がないことと、モニターが収納式なので、離着陸時には使えないことです。

でもフットレストは子どもにはまったく関係ないし、モニターも深夜便ではあまり使わないので、今回はこの広々とした空間を優先してよかったと思います。

ちなみにフットレストはないのですが、レッグレストがあるので、それだけでエコノミーよりもずいぶんラクです。子どもは完全に足が伸ばせますし、大人も美容院のシャンプー椅子くらいにはくつろげます(笑)

f:id:travel-lover:20180807230232p:plain

(↑こちらの写真はANAのWEBサイトから)

 

また、プレエコはシートの横幅が広いこと、通路を挟んだお隣と距離があることからも、エコノミーに比べて身体的にも精神的にもくつろげるなと思いました。

 

 

スポンサーリンク

 

サービスが始まり、すぐにおやすみモード

少し出発が遅れたようで、水平飛行に入った頃には日付が変わっていました。ドリンクサービス、アメニティセット(マスク、歯ブラシ、耳栓、アイマスク)、次いでおつまみとお菓子(カントリーマァム)とペットボトルのお水のセットが配られました。

時間も時間なので、早々に娘をトイレに連れて行き、歯みがきを済ませ、レッグレストをセットしておやすみモードに。娘はリクライニングを倒すよりも、私のシートとの間にあるひじ掛けに枕をのせる姿勢が寝やすかったみたいです。足は完全にレッグレストの上に伸ばせるので、楽な体勢だったようで、すぐに熟睡していました。

f:id:travel-lover:20180807223308j:plain

 

プレエコではアルコールや食事など特別メニューをオーダーできます。

f:id:travel-lover:20180807231123p:plain

娘が眠ったあと、周囲の皆さんのように、映画を見ながらおつまみとアルコール…というのも楽しみにしていたのですが、ちょっと鼻カゼを引きずっていたので、翌日以降に備えてお水だけ飲んでマスクをして早々に就寝。

 4時間ほど眠ったようで、気が付くと機内が明るくなって、食事のサービスが始まっていました。こんな時間に食事か~と思いつつ、食べます(笑) たしか和食かパンケーキと言われたと思います。和食を選びました。娘はまったく目を覚ます気配がなかったので、食事はいただかず、そのまま寝かせておきました。

f:id:travel-lover:20180807224019j:plain

食事内容はエコノミーと同じですが、さすがANA、温かい和食でホッとする味。完食してしまいました。4時なのに。

f:id:travel-lover:20180807231601j:plain

食事の間だけ、機内エンターテイメントを…と映画を見始めると、ついつい1時間以上も見てしまいました。続きは復路で見ることにして、着陸までしばしウトウト。

その後、消毒エアゾールの噴霧(?)みたいなのがあったような。そしてまだ空が暗い中、クアラルンプール国際空港(KLIA)に到着です。

 

 

スポンサーリンク

 

【次の記事】

【2018子連れランカウイ旅行】クアラルンプール国際空港(KLIA)での国内線への乗り継ぎと、ゴールデンラウンジ国内線 

 

↓↓ANAマイルを大量に貯める方法はこちらの画像をクリック!

f:id:travel-lover:20180512000642p:plain

 

 

【こちらもどうぞ】

★1年で50万マイル貯めました!

↓毎月繰り返し利用できる外食モニター、おすすめです♪

 

★貯めたマイルで家族旅行へ!

 

 

 

↓グアム旅行記、完結!

 

 

陸マイラーさんの旬な情報が満載!

クリックよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ  にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

↓↓新商品をモラえる、タメせる口コミサイト!

 モラタメポイントはPEXにも交換可能♪

 

スポンサーリンク