子連れマイラー・こめっとが行く!

ママとして陸マイルをためる日々のあれこれを綴ります

【2018子連れランカウイ旅行】ランカウイで最もメジャーな観光スポット。ランカウイ・ケーブルカーとスカイブリッジへ

 

2018年7月末のマレーシア・ランカウイ島旅行3日目。ランカウイ島で最もメジャーな観光スポットである、ランカウイ・ケーブルカー&スカイブリッジを訪れました。あまりお天気がよくなかったのが残念でしたが、ケーブルカー、ミニトレッキングコース、スカイブリッジと、大人も子どももとても楽しめました! 

 

 

 

 

これまでの旅行記

 

ランカウイ・ケーブルカーへのアクセス

私たちは宿泊先のザ・リッツ・カールトン ランカウイからタクシーで向かいました。所要時間は10分ほど。ランカウイ国際空港からだと、20分ちょっとです。

f:id:travel-lover:20181008004733p:plain

 

タクシーはホテルで呼んでもらいました。ケーブルカーの駐車場に着くと、運転手さんは、「ここで待ってるから」と。

でも、駐車場の横にタクシー乗り場があり、たくさんのタクシーが待っていたので、帰りも不便はなさそう。待っていてもらう必要はないかなと思い、お断りして片道の料金だけ支払って帰っていただきました。

ちなみに、私たちが乗ったタクシーでは往復送迎+戻ってくるまで待機の場合は80MYR(約2,240円)、往路片道のみの場合は25MYR(約700円)とのこと。ケーブルカーのタクシー乗り場から乗車してホテルまでの復路は20MYR(約560円)でした。

 

 

乗り場はテーマパーク「オリエンタル・ビレッジ」内

f:id:travel-lover:20181007232547j:plain

ケーブルカー(SKY CAB)の乗り場は、オリエンタル・ビレッジというテーマパーク内にあります。オリエンタル・ビレッジへの入場は無料です。

 

吊り橋があったりして楽し気な雰囲気。子どものテンションも上がります! 池には大きな鯉がたくさん泳いでいました。

f:id:travel-lover:20181007232730j:plain

 

全体図はこんな感じになっています。ちょっとわかりづらいのですが、ケーブルカーの頂上駅から、スカイブリッジにつながっています。

f:id:travel-lover:20181007231737j:plain

 

オリエンタルビレッジ内へ。急に頂上付近がどんよりと曇ってきました。

f:id:travel-lover:20181007231754j:plain

 

ケーブルカー乗り場は長蛇の列 

ケーブルカー乗り場へ行くと、長蛇の列! 最後尾で案内していたスタッフの方に聞くと、乗るまで40~50分並ぶ見込みとのこと。

f:id:travel-lover:20181007231905j:plain

 

こんなに並ぶとは予想外でしたが、ケーブルカーにのってスカイブリッジに行くためにここまで来たので、チケット売り場へ。チケットの種類は下のようになっていて、マレーシア人と外国人で料金が異なります。

時間がない場合は、追加料金でエクスプレスレーン(ファストパスのように並ばないでのれる)を利用することもできます。

f:id:travel-lover:20181007231924j:plain

 

私たちはベーシックパッケージを購入。大人55MYR(約1,540円)、子ども40MYR(約1,120円)。SKY CABというのがケーブルカー(日本でいうケーブルカーとは違い、ゴンドラリフト?)で、ほかにオリエンタルビレッジの3つのアトラクションのチケットがセットになっていましたが、今回は時間がなく、アトラクションは利用できませんでした。なお、ケーブルカーのみのチケットはありません。

より多くのアトラクションの入場券が付いたチケットや、プライベートゴンドラ、床が透明のグラスボトムゴンドラのチケットもあります。チケットはリストバンドタイプ。

f:id:travel-lover:20181007232240j:plain

 

私たちはエクスプレスレーンは利用しなかったので、この日は乗るまでやはり40~50分はかかりました。ちなみに、戻ってきたとき(午後2時ごろ)には、乗る人の列はまったくありませんでしたので、午後のほうが空いているのかも。

いよいよ順番です。6人乗りゴンドラでしたが、家族4人で1台利用できました。

f:id:travel-lover:20181007232258j:plain

 

ケーブルカーにのると、たちまち眼下にオリエンタルビレッジが小さくなっていきます。その向こうには、マラッカの海に浮かぶ無数のランカウイ諸島の島々。

f:id:travel-lover:20181007232313j:plain

 

さらに高度が上がると…。オリエンタル・ビレッジ以外はほぼジャングルですね。

f:id:travel-lover:20181007232802j:plain

 

しばらくして、途中駅に到着。私たちはここからスカイブリッジに行けるものと思って降りてしまいましたが、ここには展望台とトイレがあるだけです。降りると、また頂上駅へ行くケーブルカーに乗るために10分ほど並ばないといけません。途中駅で降りないで一気に頂上駅まで行くことも可能なので、混雑しているときは降りないほうがいいと思います。下の写真は、途中駅から見上げた頂上駅。

f:id:travel-lover:20181021165750j:plain

途中駅から再度ケーブルカーに乗り、頂上駅についたら、スカイブリッジに向かいます。

 

 

スポンサーリンク

 

頂上駅からネイチャーウォーク

スカイブリッジは頂上駅よりも低い位置にあります。急に周囲が雲に包まれ始めました。不安定なお天気。

f:id:travel-lover:20181007232828j:plain

 

頂上駅からスカイブリッジへ行くには、2つの方法があります。1つは、ミニトレッキングのような感じで山道を歩いて行く方法(ネイチャーウオーク)。これは、大人5MYR(約140円)、子ども3MYR(約84円)。

もう1つは、スカイグライドという乗りものにのって行く方法です。これは、大人15MYR(約420円)、子ども10MYR(約280円)。下の写真がスカイグライド(公式サイトより)。ネイチャーウォークはわりとアップダウンがあるので、乳幼児連れの方、足の悪い方はこちらがよいと思います。

f:id:travel-lover:20181021163659p:plain

 

ただこれ、ベーシックパッケージにはどちらもついていません。つまり、ベーシックパッケージだけでは、スカイブリッジには行けないんです。麓で追加でチケットを購入できたのかもしれませんが、私たちは気付かなかったので、頂上駅でまた並んでチケットを買うはめに…。並んだのは5分程度でしたが、ちょっと不案内だなと思いました。

 

ネイチャーウォークのゲートをくぐり、スカイブリッジへ向けて出発。山中の整備された道を15分ほど歩きます。運がよければ動物に会えることもあるみたいですが、残念ながら私たちは会えず。

人がかなり多くて渋滞しているところもありますが、自然の中を歩くのは気持ちがいいです。途中、段差の大きな階段もあり、けっこうな運動量でした。

f:id:travel-lover:20181021164600j:plain

 

スカイブリッジはかなりのスリル!

スカイブリッジに到着。山の谷間にかかっているので、けっこう風が強かったです。しっかりとした近代的な橋だし、私は高所恐怖症というわけではないけれど、地面までかなり距離があるのでかなりのスリル。

お天気がよくて見通しがよかったら、もっと怖いんだろうな~。わが家にはこれくらい視界が悪くてちょうどよかったです(^-^; これはこれで、幻想的な風景でした。

f:id:travel-lover:20181021220312j:plain

f:id:travel-lover:20181021220550j:plain

 

橋の床板の一部が透明のガラス張りになっています。落ちることはないとわかっていても、ここに立って下を見るとやっぱり怖かったです。ビビリな息子は片足が精一杯(^-^;

f:id:travel-lover:20181021220854j:plain

 

スカイブリッジを一通り楽しんだら、ネイチャーウオークの道を戻り、頂上駅から再びケーブルカーにのって麓のオリエンタルビレッジへと戻ります。

 

せっかくランカウイに来たのなら、と予定に組み込んだケーブルカー&スカイブリッジ。予想以上に混雑していて時間がかかってしまったものの、ランカウイの大自然を見下ろす風景は圧巻で、とてもよい経験になりました。子どもたちも楽しんでいましたし、行ってよかったです。

さて、麓についたらもう午後2時ごろ。腹ペコなので、オリエンタルビレッジ内のレストランでランチ。

食後はタクシーでザ・リッツ・カールトン ランカウイに戻り、荷物をまとめて、ちょうど午後4時頃にチェックアウトとなりました。レイトチェックアウト、本当に有難かったです!! ではでは、タクシーで次のホテルへと向かいます。

 

ランカウイケーブルカーとスカイブリッジの公式サイトはこちらをどうぞ(英語)。

 

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

陸マイラーさんの旬な情報が満載!

クリックよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ  にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

↓↓ANAマイルを大量に貯める方法はこちらの画像をクリック!

f:id:travel-lover:20180512000642p:plain

 

 

【こちらもどうぞ】

★1年で50万マイル貯めました!

↓毎月繰り返し利用できる外食モニター、おすすめです♪

 

★貯めたマイルで家族旅行へ!

 

 

↓グアム旅行記、完結!

 

 

↓↓新商品をモラえる、タメせる口コミサイト!

 モラタメポイントはPEXにも交換可能♪

 

スポンサーリンク