子連れマイラー・こめっとが行く!

ママとして陸マイルをためる日々のあれこれを綴ります

陸マイラーだからこそ夢が実現!2018年を振り返ります。そして2019年は…?

👇昨年末から使ってます! 家族に「肌がきれいになった」と言われ、目元・口元の乾燥も解消♪ メイクのノリもよくなったので超おすすめです(*^^*)

 

2019年も明けて10日がたってしまいました。遅ればせながら、皆さま本年もよろしくお願い申し上げます。

 

さて、私こめっとにとって陸マイラー3年目となった2018年は、大変素晴らしく思い出深い1年になりました。節目として、振り返りをしたいと思います。

陸マイラーとは、ポイントサイトなどで貯めたポイントを、マイルに交換して旅行する人のこと。くわしくはこちらの記事をご覧ください。

 

 

さて、2018年を振り返ると、1年間で本当にたくさんのマイルの恩恵にあずかったことを実感します。もし私が陸マイルを貯めていなかったら、わが家には到底できなかったことばかりです。それがこちら。

  • 家族でビジネスクラスに搭乗できた!
  • 1年のうちに家族で2回海外旅行に行けた!
  • 名古屋への帰省もマイルで無料に!
  • SFC修行を終えてANAプラチナ会員に!

では、1つ1つ振り返りたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

家族でビジネスクラスに搭乗できた!

f:id:travel-lover:20190110153910j:plain

 

私の夢の1つだった、“家族でANAのビジネスクラスに搭乗”。それが実現しました。夏休みにマレーシア・ランカウイ島に旅行した際、復路のクアラルンプール~羽田便にて家族4人でビジネスクラスに搭乗しました。機材はB787-9、フルフラットになるスタッガードシート(1-2-1配列)です。

じつはこれに関しては、マイルでビジネスクラスの特典航空券をとったのは夫と息子の2席分のみ。私と娘の2席分は、有償でプレミアムエコノミークラスを購入し、マイルでビジネスクラスにアップグレードしました。

しかし、有償で購入した金額の大部分は、ANAマイルをスカイコインに交換して支払ったので、ほぼほぼマイルのお陰なのです。

ビジネスクラスの感想は、といいますと、「最高」のひと言(≧▽≦)♡ シートの独立性が高いので子どもたちはどうかな…?と心配していましたが、2人とも食べる、映画を見る、寝る、すべてにおいてまったく心配いりませんでした。

それどころか2人ともすこぶる気に入ってしまい、それ以来、飛行機にのるときには「今日の飛行機はビジネスクラス?」なんて言う始末。ヲヲーーーイ、うちは一般庶民なんだから、そんな簡単にのれないのよ(笑) 贅沢病だけが問題のようです。

でも、改めて思います。もしもマイルを貯めていなかったら、家族でビジネスクラスなんて、一生実現しなかっただろうと。本当に、マイルに感謝感謝です♪

 

【この旅行のフライトで使ったマイルと費用】

ANA308,2000マイル+82,425円(諸税等含む)

※羽田~クアラルンプール、ANA、往路はビジネス2席+プレエコ2席、復路はビジネス4席利用。

 

【関連記事】

【マイルの使い方】平会員でも家族4人でビジネスクラスが実現!「マイルでアップグレード空席待ち」が落ちてきた(^o^)/ 

【子連れ旅行とSFC(5)】2018夏のランカウイ旅行、特典ビジネスと有償プレエコで家族4人分発券しました! 

【2018子連れランカウイ旅行】待ちにまった出発の日! 東京→クアラルンプール、ANAプレミアムエコノミー搭乗記 

ビジネスクラスの搭乗記は…coming soon!(大汗)

 

1年のうちに家族で2回海外旅行に行けた!

f:id:travel-lover:20190110173348j:plain

 

1年に2回の海外旅行も、2018年にはじめて実現。陸マイラー2年目の2017年は、春休みにバリ島、夏休みに北海道(帯広)と、海外1回・国内1回だったんです。

2018年は、夏休みのマレーシア・ランカウイ島旅行のほかに、春休みにグアムに行きました。息子が赤ちゃんの頃から何度か訪れているグアムは、とっても手軽に気楽にリゾートを楽めるわが家のお気に入りの訪問先です。

プールが大充実のオンワード・ビーチリゾートと、きれいな海に隣接しているヒルトングアム・リゾート&スパに宿泊し、とても楽しくのんびりした休日を過ごすことができました。

 

【この旅行のフライトで使ったマイルと費用】

ANA80,000マイル+32,080円(諸税)

 ※成田~グアム往復、ユナイテッド航空、エコノミークラス4席利用。

 

【関連記事】

貯めたANAマイルで、2回の家族旅行の特典航空券を発券しました! 

【2018子連れグアム旅行】オンワード・ビーチ・リゾート宿泊記(1) タワー棟のお部屋、アメニティ、朝食レストランなど

 

 

スポンサーリンク

 

名古屋への帰省もマイルで無料に!

春に義実家のある名古屋に行った際も、マイルを使って飛行機で行きました。

この時使ったのは、ANAマイルではなく、BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)のマイル(avios)。BAマイルなら、JAL国内線のほとんどの路線の特典航空券を1人往復9,000aviosで取ることができるんです。

東京~名古屋間は、車だと往復に時間がかかり過ぎるし、かといって新幹線や飛行機だと家族4人分で通常は高額の出費になってしまいます。でも、わが家はBAマイルのおかげでとってもお得に帰省することができました。

 

【この旅行のフライトで使ったマイルと費用】

BA36,000avios+4,020円(諸税)

 ※羽田~セントレア往復、JAL普通席4席利用

 

【関連記事】

アメックスの45,000ポイントで、4人分のJAL国内往復航空券をゲット! BAマイル(avios)を利用してみた 

名古屋への家族旅行をキャンセル( ;∀;) BA特典でとったJAL便のキャンセルにかかった費用は? 

※1月に行く予定だったのをキャンセルして4月に変更しました。

 

SFC修行を追えて、ANAプラチナ会員に!

f:id:travel-lover:20190110212711j:plain

 

上記3回の飛行機旅行に加え、迷いに迷ったANA上級会員になるためのSFC修行を2018年についに実践し、解脱。晴れて、プラチナ会員となり、SFC(スーパーフライヤーズカード)を発行しました。これは、本当に感慨深い!! これで生涯、SFC会員としての恩恵を受けられることになりました。

SFC修行では(プラチナ会員になるには)、有償航空券を購入して50,000プレミアムポイントを獲得する必要があります。マレーシア・ランカウイ島旅行の際に、私の分の羽田~クアラルンプール間のプレミアムエコノミーを有償で購入したのも、SFC修行の一環でした。

それ以外に、2018年は修行のために私1人で那覇へ3往復、石垣に3往復、計12回搭乗しました(プレミアムクラス9回、普通席3回)。

修行にかかった費用の総額はまだ計算していないのですが(ヲイ!)、修行の航空券は、大部分をマイルをスカイコインに交換して賄いました。

2017年8月にANA12万マイルを192,000スカイコインに(一般会員のため1.6倍)、2018年8月にANA9万マイルを153,000スカイコインに(ブロンズ会員に達していたため1.7倍)、合計21万マイル=345,000スカイコイン(345,000円相当)をマイルで賄ったことになります。いやー、我ながらスゴイ!(笑)

 

【SFC修行で使ったマイル】

ANA21万マイル

 ※費用は未算出

 

【関連記事】

子連れ旅行とSFC(1) SFCのメリットは子連れ旅行でどれだけ生かせる? 

子連れ旅行とSFC(3) するの?しないの? 迷った末に出した結論は…!

【2018 SFC修行記(1)】はじめての那覇タッチ(OKAタッチ)、乗継時間は30分⁉︎の巻 

【SFC修行】日帰りタッチ修行メインでついに解脱! 写真とtweetで全行程を振り返ります(第一部) 

 

2018年に使ったマイルまとめ

ここで、2018年に使った総マイル数を計算する流れなのですが、すでに自分で思っていたよりすごいことになってそうでビビってます(。-∀-)

計算しましたところ、2018年に旅行・修行含め、フライトに使ったマイルは……。

 

ANA598,200 マイル+BA36,000avios

 

でした! ひや~~!!(゚∀゚)。いつも貯まる→使う→貯まる→使うを繰り返しているので、マイル口座にこんなに貯まることはありません。でも、1年に使った総マイル数を計算すると、すごいことになりますね…!

そして、家族4人でマレーシア・ランカウイ、グアム、名古屋に行った際に支払った費用(持ち出し現金)は、諸税含め、118,525円でした!(修行分とクアラルンプール~ランカウイは別途)。4人で3回旅行して、12万円弱。マイルの威力ってすごいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

2019年もマイルで旅行します!

2019年分も、すでにマイルで家族旅行の予定をガンガン入れています。

f:id:travel-lover:20190110215937j:plain

 

というか、すでにお正月明けに、北海道のルスツリゾートにスキー旅行に行ってきました。これは、またしてもBAマイルを利用してJALの普通席で行きました。BA9,000avios×4席分=36,000avios使いました。

そして、10連休となるGWにはシンガポール。ANAマイルを利用してシンガポール航空のエコノミークラスで行きます。ANA35,000マイル×4席分=140,000マイル。

さらに、夏休みにはハワイへ。ANAに5月下旬から導入されるA380(フライングホヌ)のプレミアムエコノミーで行きます。ハイシーズンのため、ANA61,000マイル×4席分=244,000マイル。

というわけで、すでにANA384,000マイルとBA36,000マイルを使っております。これまた計算してみてビックリです。でも、まだまだ旅行に行きたいのです。だから、これからも頑張ってマイルを貯め続けるつもりです!

 

陸マイラーなら、家族の夢が実現します

陸マイラー2年生だった2017年の終わりに、このような振り返り記事を書きました。


この記事の中で、2018年の目標について、このように触れています。

わが家は、学校の春休みと夏休みに合わせて親が休みをとって海外旅行にいくスタイルなんですが、2019年は春・夏に加えて、10連休となる見込みのGWにも海外旅行に行きたいなと思っています。春・夏は土日+有休2~3日が限界なんですが、GWなら親も仕事を気にせず長期の旅行を満喫できますから、何としてもうまく利用したいところです。

以前なら、GWのような旅行代が高騰する時期に、家族で海外旅行に行くことなんて考えさえしませんでした。「旅行は高いから」と思い、近場に遊びに行くことが多かったんですが、なんてことのない遊び場がどこも大混雑、長蛇の列。どこにいっても人だらけで子連れだと疲れるし、せっかくの連休なのに予定は細切れになっていました。

でも。陸マイラーになったら、10連休にだって海外旅行に行けるようになりました。日本発着の航空券、ツアー代金が高騰する時期にこそ、価値があるのが特典航空券なんです。特典航空券なら、ハイシーズンにもとってもお得に旅行に行くことができます。

ANA便ならシーズン加算が必要なことはありますが、有償航空券の値上がりに比べたら大したことはありません。というか、シーズン加算分くらいは陸マイラーならすぐに貯められます。

日本がGWでも、海外に行ってしまえばほとんど関係なく(行き先にもよると思いますが)、ホテルの宿泊費相場も大きくは変わらないようです。国内の空港周辺の混雑だけ覚悟しておけば、現地では快適に過ごせるでしょう。

私は、陸マイラーになって、本当に世界が変わりました。子どもが成長中のこの時期に、一緒にいろんな場所に行き、家族で笑顔でかけがえのない時間を過ごせるのは、マイルのおかげです。

「陸マイルって、そんなに貯まるの?」と、半信半疑なあなたも、今年からマイルを貯めて、夢を叶えてみませんか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

陸マイラーさんの旬な情報が満載!

クリックよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ  にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村